漫協ニュース

郵政博物館にて「環境マンガと子どもたちⅣ」開催中

2020年01月07日掲載

2020年1月1日(水/祝)〜26日(日)、東京都墨田区スカイツリー・ソラマチ9Fにある郵政博物館内多目的スペースにて、「環境マンガと子どもたちⅣ」が開催されています。

今回が4回目となるコラボで、漫画家たちが描いた環境マンガが多数展示されています。
これらの作品は、やの功氏主宰「地球環境を守る漫画家の会」開催の「環境漫画展」で発表されたものを抜粋したものです。
またその周りには、子ども教育支援財団主催「第11回 環境教育ポスターコンクール」受賞作のほか、海外の子どもたちによる作品も加わり、彼らの素直な目線で描かれたポスターが会場を囲むように展示されています。
他にも地球環境を守る漫画家の会これまでの歩みをボードにまとめた展示など、見所はぐっと増えています。

今回は会場を御茶ノ水ソラシティから押上ソラマチ・郵政博物館へ移し、会期も元日から3週間と、長期間の開催となっています。
初日が元日ということもあって今回はセレモニーなどは行いませんでしたが、前回より会期も長く、会場もフラットなフロアで見やすくもなっています。
また、1月18日(土)には漫画家によるギャラリートークを開催予定。
(1回目:13:30〜、2回目:15:00〜)

まんが年賀状展と会期が被っているところもありますので、是非まんが年賀状もあわせて足を運んでみてはいかがでしょうか。



(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association