漫協ニュース

2019年05月15日掲載

 2019年5月12日(日)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア128」が開催されました。
 今回は国際展示場駅からひとつ手前の青海に新設された会場での開催で、その設備にはいくつかの課題を感じつつもコミティアスタッフたちによる会場捌きと、それに応えるかのような参加者の協力が生きていて、大きな事故もなく盛況のまま幕を閉じました。

 さて、現在漫協ギャラリーでは「日本漫画家協会賞の歴史展」が開催中ですが、コミティア会場には過去協会賞受賞者も出展しています。
今回は第12回で優秀賞を受賞したセツコ・山田氏、第14回で優秀賞を受賞したあだちのりふみ氏、第46回で優秀賞を受賞した武田一義氏に会うことができました。

 プロアマが渾然一体となって漫画への情熱を注ぎ、創作に励むことの出来るコミティアは開催地も全国へ広がりをみせ、様々な試みも行っています。
初心に帰るも良し、新たな刺激を受けるも良し、一度行ったらクセになる楽しさを味わってください。


(画像・文:柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association