漫協ニュース

2019年12月09日掲載

 2019年12月8日(日)、東京都江東区森下にある森下文化センター(田河水泡・のらくろ館)1F多目的ホールにて、現在開催中の「山根青鬼 画業70周年記念展」の記念イベントとしてトークショーが行われました。

 ステージには山根青鬼氏と、一門会を代表してのむらしんぼ、岸田尚両氏が氏のサポートとしてつき、江東区芭蕉記念館の野呂達矢氏進行の元で進められました。
 氏が双子の弟である故・山根赤鬼氏との生い立ちから、両氏がマンガ道を歩み始めたことから師匠である故・田河水泡氏や弟子たちとの出会い、師匠の元で学び取ってきたマンガへの想いと、これまで描いてきた作品の逸話など、画業だけでなく時折氏自身の人間像にも触れながらの、非常に内容の濃いものとなっていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月06日掲載

 2019年11月29日(金)〜12月1日(日)まで、福岡県・北九州市にて「アジアMANGAサミット」が開催されました。
 このサミットは、1996年に東京都と福島県で開催された「東アジアMANGAサミット」を皮切りに、アジア各国で漫画家や研究者たちの国際交流の場として開催されてきたイベントです。

 今回のサミットに合わせ、AIMビル2階ガレリアでは「アジアMANGAサミット北九州大会作品展」が実施され、日本をはじめ、中国、香港、台湾、シンガポールなど8カ国・地域の人気漫画家計357名の作品が一堂に会しました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月06日掲載

2019年12月1日(日)、北九州市にある西日本総合展示場本館にて「九州コミティア3」が開催されました。

折しもアジアMANGAサミットの開催中。
「いつもより来場者が多い気がして嬉しい」と、出展者・九州ブロックのヴァンサン ルフランソワ氏。
氏は今回、オフィシャルガイドブックの表紙も描き下ろしされています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月05日掲載

12月2日(月)新宿区内に於いて、著作権部所属で当協会顧問の幸森軍也氏による会員向けセミナーの第2弾として、契約書セミナーを開催しました。

日頃気になりながらも相談がしにくい契約書のセミナーとあって、参加者からの質問も大変活発で、次回を期待する声も多く聞かれました。

(写真・文:事務局)

 

漫協ニュース

2019年12月05日掲載

日本漫画家協会 九州・中国ブロック合同展「海峡マンガ合戦2019」が、11月23日(土祝)より、北九州市漫画ミュージアムにて開催されています。

今回は、北九州市でアジアMANGAサミットが開催されることを記念して、「日本」を共通テーマとするコーナーも設けられ、九州・中国地方で活躍中の様々なジャンルの漫画家たち19名の作品を一堂に集めた豪華な展示となっています。

同ミュージアムでは、北九州国際漫画祭2019が開催されており、企画展やイベントが多数開催されています。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月04日掲載

 2019年12月2日(月)〜12月7日(土)、東京都港区表参道にあるギャラリー SUPACE YUIにて、あだちのりふみ氏にとって初の個展となる「にこまんが展」が開催されています。 
あだち氏はかつて日本漫画家協会賞を受賞した実力派で、現在はコミティアをはじめ各種イベントで自費出版誌やオリジナルグッズなど多くの新作を精力的に発表し続けています。

 そんな氏が今回初の個展という案内を受け伺いましたが、氏曰く「ふたこまは難しいね」とのこと。そうはいいつつもその作品群はいずれもかわいらしく、それでも「にこっとする間(2コマの「あいだ」にある気分)を楽しんで欲しい」とも言っていたように、間の演出や新しい見せ方ひとつとっても、あくまで「漫画」にこだわった新たな可能性を模索するなど、氏の挑戦は続いているようです。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月04日掲載

 2019年11月28日(木)〜12月10日(火)、東京都千代田区市ケ谷にある山脇ギャラリーにて、「第6回 キャラクターアート展」が開催されています。
 今回は出展者数が50名という、過去最多となるクリエイターたちが集った同展は、初日の開場時から大勢の来場者が詰めかけ、出展者もスタッフも対応におおわらわ。目的は作品を一目見たいという気持ちもさることながら、どうやらお目当てはここでしか手に入れることのできない限定物を含む作家オリジナルグッズや色紙たち?入り口をくぐるなり真っ先に物販ブースへ向かう方も少なくありませんでした。

 そして来場人数もピークとなった午後からはお待ちかねのオープニングパーティー、そこでは肌寒い陽気がかき消されるほどの熱気に満ちていて、主宰のバロン吉元氏による挨拶と乾杯がなされると会場からは「バロンV!」の声が。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年12月02日掲載

当協会理事の山根青鬼氏の画業70周年を記念する展覧会が、江東区森下文化センターにて11月30日(土)よりスタートしました。

画業70周年、日本の漫画史を網羅する山根氏の画業ですが、アマチュア時代から今日に至るまでの原画や掲載誌の保存状態が極めて良好で、見応え十分の展示となっています。

この展覧会では、会期中の毎週日曜日には山根氏によるサイン会が行われます。サイン用の用紙は会場に準備されていて、4種類から選ぶことができます。
この日も遠方からはるばる訪れたファンの方、親子連れなどでにぎわいました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年11月28日掲載

海外を巡り、一昨年から国内を巡っている絵付けおきあがりこぼしですが、11月9日より福島県・伊達市梁川美術館に展示開催、今回東北初のお披露目となります。

11月23日(土)は、永野のりこ氏(当協会理事)、鈴木龍郎氏によるおきあがりこぼし絵付けワークショップを開催、年齢を問わず幅広い参加者で賑わいました。この日はNHKの取材も入りました。
個性あふれる楽しい絵付けこぼしに、講師の方々も笑顔がこぼれます。
最後に作品と一緒に全員の記念撮影で終了となりました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2019年11月26日掲載

11月25日(月)新宿区内で、著作権部所属で当協会顧問の幸森軍也氏による著作権セミナーを開催しました。
限られた時間ではありましたが、漫画創作に関わる人にとってポイントを押さえた内容構成で進められ、参加者からの評判も良かった様です。

(写真・文:事務局)

 
1 〜 10 件 / 全 1723件

 

© Japan Cartoonists Association