協会案内

2018年07月10日掲載

公益社団法人日本漫画家協会は、我国唯一の漫画家の全国組織として、1964年(昭和39年)に設立されました。

初代理事長には政治漫画の歴史に偉大な足跡を残した故・近藤日出造が就任しました。

この組織の結成により、それまで各ジャンルごとにわかれ、いくつかの小グループで活動を展開していながら、ほとんど交流の機会がなかった漫画家達が、第二次世界大戦後初めて大同団結したのでした。

1985年(昭和60年)には、文部省(現文部科学省)の認可を受けて社団法人に、そして2014年(平成26年)には公益社団法人となり、名実ともに我国を代表する漫画家の公的機関となりました。

現在の理事長(代表理事)は日本の漫画界を代表する里中満智子、会長にちばてつや、常務理事に赤松健、植田まさし、ウノ・カマキリ、松本零士、矢口高雄、理事に石子順、一本木蛮、倉田よしみ、竹宮惠子、永野のりこ、西田淑子、バロン吉元、ビッグ錠、弘兼憲史、牧野圭一、やの功、矢野徳、山根青鬼と、さまざまなジャンルの漫画家が役員として協会運営に当たっています。現在会員数は約1500名をかぞえ、事務局を東京・新宿に置き、きめこまかい活動を行っています。

公益社団法人日本漫画家協会は、健全なる漫画の普及に関する事業を行うと共に、漫画創作活動を奨励し併せて諸外国との漫画文化の交流を図り、もって我国文化の発展に寄与することを目的としてあらゆる事業を行っております。

日本漫画は、今や世界でも例を見ない程、質・量ともにめざましい発展を遂げ、もはやあらゆるメディアを凌駕する文化として定着しました。

公益社団法人日本漫画家協会は今後、漫画の持つ自由奔放でインターナショナルな表現によるさまざまなアプローチを行い、漫画の将来の可能性を探っていきたいと思っています。

 
 

協会案内

2018年12月07日掲載

私が日本漫画家協会に入会した頃、協会はまだ任意団体でした。創作活動は個人的な仕事ですが、広く漫画界全体の社会的活動や責任を果たすには、任意団体のままでは限界があります。先輩の先生方の努力と熱意により一般社団法人化が叶った時の充実感を昨日のことのように覚えています。

4年前にはついに公益社団法人として認可されました。社会的責任はより重くなったわけですが同時に我が国における漫画家の存在意義がより大きく認識されるようになった証ともいえます。

漫画と社会との関係、漫画出版に関わる問題など、漫画の社会的存在が大きくなればなるほど問題も多く生じます。つねに「漫画文化の発展」のために努力してこられた先輩達の築かれた道を汚さぬよう、責任を果たしたいと心をひきしめております。会員の皆様が共に歩んで下さることを願っております。よろしくお願いします。

公益社団法人日本漫画家協会 理事長
里中満智子

 
 

 

© Japan Cartoonists Association