公益社団法人日本漫画家協会

ニュース / 漫協ニュース


漫画家たちによる「まんが年賀状展2019」「似顔絵コーナー」開催中

2019年01月08日掲載

2018年12月1日(土)〜2019年1月27日(日)まで、東京都墨田区、東京スカイツリー・ソラマチにある郵政博物館にて、協会員所属の漫画家たちによる「まんが年賀状展2019」が開催されています。 

展示会場である多目的スペースには、2019年の干支である亥をモチーフとした漫画家たちによる年賀状が並び、漫画家ならではのアイデアが光る一枚一枚は来場者たちの目を楽しませています。

そして会期中は似顔絵コーナーが3回設けられ、1日目の1月5日(土)はモロズミ勝氏、柳生柳が、2回目である6日(日)には矢野徳、藤井龍二両氏が担当、観光客でひしめくソラマチ内において比較的静かな環境のここでは、似顔絵もいつもよりじっくり時間をかけて向き合うことができます。

既に2回は終わっていまいましたが、最後の3日目は26日(土)にやの功、まつなが陽一両氏が担当しますので、世界中の郵便にまつわる貴重な資料や切手、興味深い企画展、もちろん漫画家たちのまんが年賀状などなど郵政の世界を堪能したあと、寄ってみてはいかがでしょうか。


*同展は会期中無休で開催されます。
*年賀状をご覧いただくには、博物館への入場料が別途、似顔絵も有料で請けております。


(画像 文:柳生柳)