展覧会・イベント情報
2017年06月23日

漫画家の小山賢太郎遺作展と仲間の作品展を開催いたします。 

会 期:2017年7月9日(日)〜7月17日(月)

時 間:AM10:00〜PM6:00(会期中は無休、最終日はPM5:00まで) 

出展作家:故・小山賢太郎・橋本成敏・大松敏一・正司朋子・小笠原加純
     二階堂正宏原子力筑紫直弘・福井良宏(敬称略・太字協会員)

     ※「かまくら春秋」ポンチ絵でおなじみの二階堂正宏氏があなたの似顔絵を描きます。
      (おひとり様2000円 13:00~17:00まで)

会 場:カトレヤギャラリー
    〒248-0006 
    神奈川県鎌倉市小町1-5-27

連絡先:090-1264-0907

ギャラリーのお問い合わせ・詳細はHPをご覧下さい。

 
 
展覧会・イベント情報

初音ミク×手塚治虫展 -冨田勲が繋いだ世界-

2017年06月23日

今年10周年を迎える「初音ミク」は、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。
大勢のクリエイターが初音ミクで音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。
「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、
人気は世界に拡がっています。
この初音ミクと手塚治虫の異色のコラボを実現させたのが、冨田勲でした。冨田勲は日本が誇る作曲家であり、「ジャングル大帝」を
はじめとした手塚アニメの音楽を手掛けたことでも知られています。
また、2012年にはオーケストラ曲「イーハトーヴ交響曲」で初音ミクとのコラボレーションを行い、
このコラボ企画の項目の一つとして、冨田はリボンの騎士を演奏し、サファイヤに扮した初音ミクを登場させ話題となりました。
これにより、初音ミクと手塚作品は奇跡の出会いを果たしたのです。

本展は、冨田勲・初音ミクの生誕アニバーサリーを記念して開催いたします。
初音ミクを含むキャラクターシリーズの紹介や多くのクリエイターが新たに描き下した「初音ミク×手塚作品」のコラボビジュアルの展示、その場で歌う初音ミクの3DCGモデルなど、初音ミクの世界を余すことなくご覧いただけます。

会  場:手塚治虫記念館
     (武庫川町7番65号 JR・阪急宝塚駅、阪急宝塚南口駅)

会  期:2017年7月1日(土)~10月23日(月)

開館時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

休 館 日  :毎週水曜日(7月19日・26日、8月中は開館)

入 館 料  :大人700円(560円)、中高生300円(240円)、小学生100円(80円)
     ※(  )は10人以上の団体料金

詳しくはHPをごらんください。

 
 
展覧会・イベント情報

「隆一 珍コレクション展」ギャラリートーク

2017年06月22日

「隆一 珍コレクション展」担当学芸員が、横山隆一長男・横山隆雄さんと一緒に
珍コレクションの裏話をお話しします。

日 時:7月22日(土)13:30〜

場 所:まんが館企画展示室

参加料:珍コレクション展観覧料が必要

参加方法:会場に直接お越しください。

詳しくはHPをご覧ください。

 
 
展覧会・イベント情報

第49回欧美国際公募「イタリア美術賞展」推薦制ミニ個展部門にココア氏が出展

2017年06月20日

◇展覧会期    2017年6月29日(木)〜7月30日(日)(予定)

◇開催会場    アグリジェント県ファヴァーラ市 (シチリア島)
             ファーム・カルチャー・パークキアラモンテ城   パラッツォ・カフィーシ

イタリア美術賞展自体は公募展ですが、その中のミニ個展部門は推薦制です。

そこに、今回、協会員のココア氏が掲載5点の作品(絵は、すべて手芸用のガラスビーズで制作。ガラスビーズは、1ミリ大、3ミリ大を使用。)を出展します。

(画像情報提供:ココア)

 
 
展覧会・イベント情報

日本漫画家協会賞 大賞受賞記念 クリヨウジ グッズと絵画展

2017年06月20日

その1
会 場:SPACE YUI
    〒107-0062
    東京都港区南青山3-4-11 ハヤカワビル1F
    TEL:03-3479-5889
    http://spaceyui.com/
会 期:2017.7/10(月)〜7/10
   ※会場の都合上、お花等のお心遣いは謝辞いたします。
 

その2
会 場:YUI GARDEN
    〒224-0041
    神奈川県横浜市都筑区仲町台1-33-1 THE TERRACE 1F
    TEL:045-949-4911
    http://www.shop-b.com
会 期:2017.7/24(月)〜8/5(土)
   ※会場の都合上、お花等のお心遣いは謝辞いたします。
 

★クリヨウジ・オフィシャルグッズは下記ショップで取り扱っています★
HP:boutiquechichouse.com  onlineshop:chichouse.thebase.in

 

 
 
展覧会・イベント情報

こどもたちの引揚げ〜引揚げ漫画家作家作品展

2017年06月08日

平和祈念交流展として、郡上市総合文化センター(岐阜県郡上市)にて、子どもたちの引揚げをテーマに、
引揚げ漫画家作品展を開催します。
昭和20年(1945)年8月15日に終戦を迎え、満州(現・中国東北部)で暮らしていた日本人の生活は暗転します。
多くの人が、はるか遠い日本を目指して引揚げの途につきました。子ども時代を満州で過ごした漫画家たちが、
満州での生活や戦後の混乱のなかでの引揚げなど、自らの体験を描いた作品を紹介します。

日 時:6月7日(水)〜6月25日(日)※月曜日は休館

時 間:9:00~17:00

場 所:郡上市総合文化センターホール 棟1階 展示室にて

詳しくはHPをご覧ください。
http://www.heiwakinen.jp/event_outsite/20170513-1928.html

 
 
展覧会・イベント情報

平和祈念交流展 「未来を夢見た開拓者たち~ 岐阜県郡上市たかす開拓記念館パネル展 ~」

2017年06月08日

平和祈念展示資料館では他館と連携した交流展を行っています。
この度、岐阜県郡上市たかす開拓記念館と連携し平和祈念交流展を実施します。
昭和4(1929)年に始まった世界恐慌が年々深刻さを増していく中、昭和6(1931)年に満州事変が起こり、翌年に「満州国」が建国されます。やがて、農村の次男、三男の救済や日本軍の食糧確保、軍事的防備などを目的に、満州への開拓移民が計画され、国策事業として多くの開拓民が満州へと送り出されました。現在の岐阜県郡上市からも、11の開拓団が編成され、満州へと入植しました。しかし、昭和20(1945)年8月、ソ連侵攻と敗戦により、開拓団の人々は満州で築いた全てを失い、着の身着のままの姿で日本へ帰ることになったのです。未来を夢見て海を渡った郡上の人々の姿と、帰国までの苦難の日々を、たかす開拓記念館所蔵の資料とともに紹介します。

日 時:平成29年4月25日(火)~6月25日(日)
     9:30~17:30(入館は17:00まで)
     休館日:月曜日
         祝日または振替休日の場合はその翌日
         ※ 5 月8 日(月)は特別開館します。

会 場:平和祈念展示資料館 企画展示コーナー


また、関連イベントも多数ございます。あわせてご覧ください。

講話会「たかす開拓記念館と琿春高鷲開拓団
郡上市高鷲町文化財保護協会会長の馬渕旻修氏による、たかす開拓記念館の紹介と、満州へ渡った琿春高鷲開拓団についての講話会を実施します。(約60分)
日時:6月10日(土) 14:00~

郡上おどりin 平和祈念展示資料館
郡上市の協力により地元の保存会の皆様をお招きし、国指定重要無形民俗文化財「郡上おどり」を解説と
ともに実演します。(約50分)
日時:6月24日(土)11:00~

映画・ドキュメンタリー上映会「嗚呼 満蒙開拓団」
約27万人のうち約8万人が帰国できないまま命を落とし、多くの残留孤児や残留婦人を生みだした満蒙開拓団。日本人公墓の墓参ツアーの同行取材で得た、貴重な証言によるドキュメンタリー。(120分) 
製作:工藤充 演出:羽田澄子 平成20(2008)年製作 ©自由工房
日時:5月13日(土)14:00~

「葫蘆島大遣返 日本人難民105 万人 引揚げの記録」
当時の数少ない記録写真や中国の協力による現地調査や関係者の証言をもとに、満州(現・中国東北部)に
居留していた在留邦人105万人の引揚港となった葫蘆島を描いた作品。 (102分)
製作・脚本・演出:国弘威雄 演出・編集:松井稔 写真:飯山達雄 
監修:新藤兼人 ナレーター:久野綾希子 平成9(1997)年度作品 ©葫蘆島を記録する会
日時:5月27日(土)14:00~

「はじめ嬉しく、あと悲し  十代の若ものたち、青春の軌跡」
戦争の時代、少年少女たちの夢はなんだったのか?夢をかなえるため、それぞれの道を歩んだ5人の青春を描いた作品(94分)
製作:吉丸昌昭 監督:長尾栄治 平成25(2013)年製作 ©ユニモト
日時:6月3日(土)14:00~

体験者証言集の上映
たかす開拓記念館が所蔵する体験者の証言映像を上映します。(約50分)
会期中、イベント時を除く毎日14:00~

詳しくはHPをご覧ください。
http://www.heiwakinen.jp/event_insite/20170405-1901.html

 
 
展覧会・イベント情報
2017年06月05日

ただ今、ひとコマ漫画を多くの方に見てもらおうと浅草・仲見世近くの「みやま雑貨」協力のもと、レジ横スペースにて、漫画家協会会員のジョルジュ・ピロシキ、木南精示、相澤拓、たなべたい、イラストレーターのオゼキイサムの各氏による作品を随時展示しております。

6月2日~28日までは二階堂正宏氏の展示を行っています。

また、各展示に合わせて、作品集などグッズも販売しております。
またひとコマ漫画のポストカードも常時販売をしておりますので、
お時間があれば、是非お店をご覧になってください。

詳しい内容・情報などはHPも合わせてご確認ください。
https://www.miyamazakka.com

場   所:浅草・みやま雑貨
    〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-1
    銀座線・東武線 浅草駅徒歩2分、都営浅草線 浅草駅徒歩4分
電話番号 :03-3841-4569
時      間 :12:00~19:00
定休日    :毎週木曜日・不定休あり

 

 

 
 
展覧会・イベント情報
2017年05月31日

期 間:2017年7月19日(火)~23日(日)

時 間:10時~18時(初日は12時から、最終日は17時迄)

会 場:万華鏡ミュージアム
    〒 604-8184 京都府京都市中京区姉小路通東洞院東入雲華院前町706-3
    TEL 075-254-7902

出品者:林本みきはる(協会員)南洋(協会員)、窪田和弘、大機博芳、益田修次、
    丸岡昂洋(協会員)玉野のももたろう(協会員)桑原正晴(協会員)
    (順不同、敬称略)

詳しくは京都万華鏡ミュージアムのHPもご覧ください。
http://k-kaleido.org

 
 
展覧会・イベント情報
2017年05月23日

ポスター作品でこれほどまでに世界で評価された秋山孝は、希有なポスターデザイナーです。
それは、ただ絵を描くだけではなく目的に沿って伝える。
つまりビジュアル・コミニケーションしながら独自な表現でメッセージを伝えるという難しさを軽々とやってのける魅力的な才能をもっています。世界のデザイナーから尊敬され、世界中の大学で講演会や国際ビエンナーレで国際審査員など行い、次世代に向けてデザインの意義を広めています。
今回、中之口先人館で行われる秋山孝のポスター展では、美術の中でも珍しい表現と展示が見られ、新鮮なメッセージを読み取ることができます。

期間:5月27日(土)〜6月25日(日)※月曜休館日

時間:9:00 〜 16:30 

入場:無料

場所:中之口先人館
   〒959-0505 新潟市西蒲区三方92番地
    JR新潟駅より新潟交通バス:大野・ふるさと村経由
    潟東営業所行、潟東営業所よりタクシー5分
    JR越後曽根駅よりタクシー15分

詳しい情報はHPもご覧下さい

 
 
61〜 70件 / 全 1572件

 

© Japan Cartoonists Association