漫協ニュース

2018年02月15日掲載

2014年のパリ・JAPAN EXPOより当協会が参加協力を行なってきた「おきあがりこぼしプロジェクト」ですが、いよいよ東京の展示がスタートしました。

2月9日(金)の初日、ちばてつや理事長を始めとした当協会役員は、理事会終了後に会場の米沢嘉博記念図書館に直行。会員以外の関係者やウクライナ大使館関係者、マスコミの取材も入り、大にぎわいとなりました。
図書館スタッフによって綺麗かつ見やすく工夫し展示された絵付けこぼしは壮観。

各自、自作の絵付けこぼしを持って、記念撮影を行いました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年02月14日掲載

2018年2月11日(日/祝)、東京都江東区にある東京ビッグサイトにて創作系同人誌即売会「コミティア123」が開催され、その中でちばてつや理事長による「漫画の特別授業」が開催されました。
この「ちばてつや理事長の特別授業」とは、毎年この時期のコミティア内で行われるもので、理事長が教鞭をとる文星芸術大学漫画専攻の卒業製作展の一環です。今回で5回目ということもあり、リピーターも多かったように見えました。
母体イベントのコミティアは上記企画のみならず、展示ブースや即日新人賞など企画も盛りだくさん。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年02月13日掲載

2月6日~8日、台北国際ブックフェアに日本から出版関係約50人が羽田より出発。
空港からブックフェア会場へ、日本コーナーには手塚治虫90周年記念ブース、「私の8月15日」画集を出版した今人舎。海を越えて来て日本の本を見つけると嬉しくなりますね。
ベルギー、イタリー、メキシコ、スペイン、中国、など各国のブースに並べられている本が私を見てと目に飛び込んでくる。場内の至る所で講演したり、パフォーマンスしたり廻りきるのはポイントをしぼっておかねば迷ってしまう。まずはお金をしっかり握りしめ行動だ。一番大きなイベント会場で「大人の絵本」の対談きむらゆういち氏×ジミー・リャオ氏立見の出る大盛況でした。最後に二人のコラボで絵本が出版されるようお願いしてトークショウは拍手喝采で終了。
日本・台湾出版関係社懇談パーテーが、別会場にて日本50人、台湾50人が出席し文化交流が行なわれた。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月31日掲載

2018年1月25日(木)〜31日(水)まで、東京都千代田区御茶ノ水ソラシティにあるギャラリー蔵にて、プロ漫画家達が描いた環境についての一コマ漫画と、子どもたちの描いた環境ポスターコンクール受賞作品のコラボ展示会「環境マンガと子どもたちⅡ」が開催されています。

協会協力事業である同展も今回で2回目ですが、オープン時には、理事を中心とした多くの協会員も訪れ、協会理事でもあり、地球環境を守る漫画家会・会長やの功氏の挨拶と共にスタートしました。

この後、同展は大阪、神戸、岡山へと巡回展示される予定となっております。

 

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月31日掲載

1月28日日曜日、神保町の書泉グランデにて『スペクトルマン 冒険王・週刊少年チャンピオン版』全5巻の刊行を記念して、一峰大二氏のサイン会が開催されました。

また、書泉グランデ、書泉ブックタワー、芳林堂書店高田馬場店の3店舗では
『スペクトルマン 冒険王・週刊少年チャンピオン版』4か月連続刊行フェアも開催。
複製原画展示と、購入者には抽選プレゼントも行われます。

(写真提供:小松秀夫)

 

漫協ニュース

2018年01月29日掲載

1月13日(土)〜1月27日(土)まで、江東区のギャラリーコピスにて、「初笑い 福笑い〜ちょいとアートなおつまみ展」が開催されました。
アートなおつまみ展と言うだけあり、とても美味しそうな、思わず笑みがこぼれる作品が展示され、初日には落語会のイベントも行われました。
温かい笑顔がいっぱいのギャラリー内では、看板犬くんもぐっすり眠りながらお出迎え。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月24日掲載

米沢嘉博記念図書館と当協会の共同主催事業「おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展 」が、2月9日よりスタートします。

展示に先立ち、この事業の監修をして下さった小田切博さんによる「海外在留邦人発、「まんがこぼし」での震災復興支援とは?」マガジン航にて、公開されました。

起き上がりこぼしプロジェクトは、当協会が関わる以前からパリで活動を開始され、その詳しい経緯がこちらの記事に掲載されています。
ご一読いただければと思います!

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月22日掲載

2018年1月19日(金)に、渋谷・東京カルチャーカルチャーにてピープロ復活祭が行われました。

ゲストに当協会会員の一峰大二氏が登場です。

(写真提供:小松秀夫氏)

 

漫協ニュース

2018年01月17日掲載

2018年1月15日(月)〜21日(日)まで、東京都港区麻布にある元麻布ギャラリーにて、
一コマ漫画家たちを中心とした「第48回 シャリバリ2018年展」が開催されています。

会場を麻布に移しての開催もようやく慣れつつある今年、出展者たちも広々とした会場をどう彩ろうかとさまざまな趣向が凝らされ、今回もみごとな作品群が飾られています。

初日のオープニングパーティーには大勢の来場者が訪れ、新春の挨拶を交わしながら今年の抱負を語り、互いの創作意欲を高めあうなど、正にシャリバリ(仏語源:ばか騒ぎ、はやしたてる、風刺、などの意を持つ)という名に添った、笑い声の絶えない、賑やかで幸先のよいスタートとなりました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年01月15日掲載

東京銀座のスパンアートギャラリーにて、小松左京アート展 ~小松左京遺稿画とトリビュートアート~が1月13日よりスタートしました。

今回は、小松氏が小説家としてデビューする以前、漫画家として活躍されていた時の貴重な原稿も同時に展示され、非常に見応えのあるものとなっています。

また、初日であるこの日はオープニングパーティーが催され、小松氏ご子息夫妻も参加、大いに盛り上がりました。

続きを読む

 
71 〜 80 件 / 全 1558件

 

© Japan Cartoonists Association