漫協ニュース

2018年09月13日掲載

この度の「日中友好漫画展」は、中国文化センターでは日中両国の漫画家による初めての展示だそうです。

このセンターでの展示は、基本的に展覧会参加者が設営から会場当番まで行います。
展示会場および設営風景をご覧ください。

(写真:会報部・柳生柳、文:事務局)

 

漫協ニュース

2018年09月12日掲載

現在中国文化センターにて開催中の「日中友好漫画展」開催初日、石子順氏がコーディネーターとして、中国美術協会の王立軍氏をはじめ、嘉興美術館副館長・仲中暁氏、嘉興文聯秘書処副処長・孔月華氏、嘉興美術館職員・岳陽氏と、中国を代表する漫画縁の方々を交えたトークイベントが開催されました。

内容は、石子氏が中国の漫画事情や文化などについて質問を投げ、その疑問に答えてもらう形式で、参加者からの質問コーナーも設けられるなど。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年09月12日掲載

2018年9月11日(火)〜21日(金)まで、東京都港区虎ノ門にある中国文化センターにて、日中友好漫画展が開催されています。

前日は日中友好の場となる会場を彩るべく、協会員有志による設営作業が行われ、万端準備を整えました。
そしていよいよ初日には中国美術協会の王立軍氏をはじめ、嘉興美術館副館長仲中暁氏など、中国を代表する漫画縁の方々が来場、こちらも日本を代表する面々がお迎えにあたり、まずは日本からは石子順氏がコーディネーターとして登壇したトークイベントが行われました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年09月11日掲載

会員の横田吉昭氏の企画「Wonderful? Wonder World 2018 素晴らしき?世界漫画展」が、東京・麻布十番の元麻布ギャラリーにて開催されました。

この展示は、横田氏が世界の漫画家に呼びかけを行い風刺漫画を寄せてもらったもので、トータルで178点もの作品が展示されていました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年09月10日掲載

 9月8日(土)下北沢の本屋B&Bにて、"日野日出志×寺井広樹×竹本勝紀「怪奇漫画家・日野日出志の全仕事」、銚子電鉄「まずい棒」発売&日野プロダクション設立記念トークショー"が開催されました。

三浦みつる氏がゲスト出演され、前半は日野日出志氏と三浦氏の出会いから、お互いの作品の感想、オカルト研究家の寺井広樹氏との出会いと「日野日出志 泣ける!怪奇漫画集」出版のお話、日野プロダクション設立の経緯などが語られ、話題の「まずい棒」のキャラクター「魔図衛門(まずえもん)」秘話も紹介されました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年09月04日掲載

9/3より、銀座のギャラリー裏路地にて【「落語教室」出版記念 ウノ・カマキリの落画展】が始まりました。
ウノ・カマキリ氏の感性でとらえた落語の舞台画や、ユーモアのある画、ちょっと皮肉が込められた画、ホラーな画、風刺画などなど様々な色彩の風景がギャラリーの壁一面に広がっていて、見所たくさんです!
一枚一枚に物語を感じ、観る方も自分の感性の眼を向け、想像力を掻き立てられ、絵について語り合う姿、絵の前で唸りながらジックリ観ていらっしゃる方、皆さまが楽しそうに会場を巡っておられました。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年09月03日掲載

東京・表参道のGallery5610にて「篠原ユキオのユーモアの世界 HITOKOMART展」が、8月28日より9月1日の期間に開催されました。

篠原ユキオ氏は今年度第47回日本漫画家協会賞大賞を受賞され、その記念の展覧会を7月に京都三条河原町のアートギャラリー北野で開催されました。http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7298
今回は東京での記念展示です。

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年08月31日掲載

有隣堂の横浜西口コミック王国の原画展示スペースにて、「ブルースカイコンプレックス」4巻の発売記念に市川けい氏の原画展が開催されております。

市川けい氏の描かれる美しい原画を是非、間近でご覧ください。

期間
〜2018年9月17日

時間
10時〜22時

続きを読む

 

漫協ニュース

2018年08月31日掲載

日野日出志氏、三浦みつる氏、木村直巳氏らが絵本作家になる為の「会」を立ち上げ、8/30に会議室を貸し切り、旗揚げの「勉強会」が開催されました。
現役の絵本作家や絵本の編集者を招き、実際の絵本やダミー(漫画のネームにあたる)を見せて頂き、ホワイトボードを使って制作過程の講義や体験談が語られました。参加者は真剣に耳を傾け、多くの時間が質疑応答に当てられ、「勉強会」の幕は閉じました。

(写真・文:岸田尚)

 

漫協ニュース

2018年08月28日掲載

8月7日(水)より開催されていた「第11回葛飾柴又寅さん記念館イラストレーション展2018〜柴又 忘れな草〜」は、8月26日(日)に最終日を迎え、最後のスペシャルイベント「イラスト大喜利」が、12時より柴又の寅さん記念館休憩室で開催されました。

会場は多勢の著名人や顔馴染みの来場者が訪れ、協会からは、いご昭二氏・ウノ・カマキリ氏・志賀公江氏・高岩ヨシヒロ氏・ねもと章子氏・山田ゴロ氏、飛び入りでyun氏という、最終日にふさわしい豪華メンバーがパネラーとして登場。
”カンロ飴”から始まり”友情””ヒーロー””柔術”など、来場者から出されたお題で、先生方が即興で絵を描くという内容のイベントに、名回答や迷回答さらには珍回答が続出で、会場は笑いの渦に包まれました。

続きを読む

 
61 〜 70 件 / 全 1648件

 

© Japan Cartoonists Association