漫協ニュース

2010年10月06日掲載

10月1日(金)〜13日(水)名古屋市・中区の名古屋市環境学習センター・エコパルなごやにて、『生き物イキイキ漫画展 in 名古屋』が開催されました。

7月に東京新宿で開催されたイキイキ漫画展の協会員に協会中部支部のメンバーが加わり、よりいっそう華やかな展示になっています。

出品協会会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡堅、一峰大二、笠根弘二、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多賀ユミコ、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちばてつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、にしわきコージ、橋爪まんぷ、八幡太郎、花村えい子、バロン吉元、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、MA・CO、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野功、矢野徳、山田ゴロ、山田紳、山根青鬼、竜勝造、わたなべまさこの各氏

(写真:あいち造形デザイン専門学校提供、名古屋在住の読者より提供)

展覧会情報
 
 

展覧会・イベント情報

2010年10月05日掲載

期間:2010年10月25日(月)〜11月2日(火)
時間:9:00〜18:00
場所:AZD あいち造形デザイン専門学校 1Fギャラリーリップル
住所:愛知県名古屋市千種区今池4-10-7
   052-732-1631
休館日:日・祝日 
観覧料:無料

出品協会会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡堅、一峰大二、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちばてつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、橋爪まんぷ、花村えい子、バロン吉元、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野功、矢野徳、山田ゴロ、山田紳、山根青鬼、わたなべまさこ

日本漫画家協会中部支部 協会会員:笠根弘二、多賀ユミコ、にしわきコージ、八幡太郎、MA・CO、竜勝造
 
 

展覧会・イベント情報

2010年10月05日掲載

第一回展示
期間:2010年10月1日(金)〜13日(水)
時間:10:00〜17:00(土曜は14:30まで)
場所:名古屋市環境学習センター エコパルなごや
住所:愛知県名古屋市中区栄1丁目23番13号 伏見ライフプラザ13階
   052-223-1066
休館日:日・祝日 
観覧料:無料

出品協会会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡堅、一峰大二、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちばてつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、橋爪まんぷ、花村えい子、バロン吉元、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野功、矢野徳、山田ゴロ、山田紳、山根青鬼、わたなべまさこ

日本漫画家協会中部支部 協会会員:笠根弘二、多賀ユミコ、にしわきコージ、八幡太郎、MA・CO、竜勝造
 
 

漫協ニュース

2010年09月24日掲載

9月23日〜26日、国立新美術館3F講堂(最大260席)にて『インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2010』が開催されています。

23日には、『追悼・川本喜八郎』(15:15〜17:15)として、先月亡くなられた川本喜八郎氏を追悼するプログラムが行われ、協会会員の古川タク氏、片山雅博氏の他、森まさあき氏、細川 晋氏、なみきたかし氏が出演した。

上映会は9月26日まで開催。
入場無料

(写真:会報部 UNO、香取)
 
 

漫協ニュース

2010年08月03日掲載

7月31日(土)、日本新聞博物館、ニュースパークシアターにて、1時〜3時PM東京新聞フォーラムのシンポジウム「生物の多様性、漫画の多様性」が開催された。
コーディネイターは多様な才能の持ち主ヒサ クニヒコ氏、パネラーは漫画評論家清水勲氏、漫画家の古川タク、森田拳次、矢野徳の各氏。清水氏より簡単に日本の風刺漫画の歴史の紹介がなされたあと,風刺漫画衰退の現状の分析、その打開のための方策の提案が語られる。矢野氏はひとコマ漫画の本質を独自の解釈で披露。
森田氏は多様性のひとつの方向として大成功を収めた中国での8月15日展を報告。
古川氏はメディアの変遷のなかで、見えるものしか見ようとしない若者と編集者にひとコマを教える困難を指摘。それぞれの立場でひとコマの未来への困難と希望が語られた。同シンポジウムは8月7日、7時30分AMより、FMラジオ「Jウェーブ、キッス&ハグ」で紹介される。

(文:協会会員・西田淑子、写真提供:小松秀夫氏)

展覧会情報
 
 

漫協ニュース

2010年07月23日掲載

(社)日本漫画家協会の協力事業の「 生き物イキイキ漫画展」が7月30日(金)まで、東京・新宿区・コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C にて開催されています。


やなせたかし理事長によるキャラクター、イキイキイッキーくんのポスターが目印に…
協会会員の漫画家&ゲストの童画家、総勢50人による新作100点の展覧会です。
TVの取材も続々と入り、漫画ファン必見の展覧会です!
ここでしか見られない貴重な作品もあります。

※各日、アンケートに答えた先着30名様に「 生き物イキイキ漫画展 開催記念図録」をなんと無料でプレゼント!
また、チャリティサイン会として協会理事のちばてつや氏(7/30日)、矢口高雄氏(7/25日)によるサイン会があります。各30名(2時間前より参加整理券を配布)

<入場無料
>

出品協会会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡堅、一峰大二、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちばてつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、橋爪まんぷ、花村えい子、バロン吉元、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野功、矢野徳、山田ゴロ、山田紳、山根青鬼、わたなべまさこの各氏、他

詳しい展覧会情報はこちら

コミカミノルタプラザ

(写真:会報部 UNO、文:事務局)
 
 

漫協ニュース

2010年07月08日掲載

7月7日(水)〜8月29日(日)まで、神奈川県・横浜市・横浜情報文化センター「日本新聞博物館 2階 企画展示室」にて、
「 一枚マンガのいきもの地球展 2010」が 開催されています。


2度目になる日本新聞博物館での展示。
今回は高い天井を活かして「32枚の一枚マンガ」をプリントしたのぼりにして、中央に円形に吊るというユニークな展示方法です。日頃、印刷媒体とされるマンガだからこそ出来た「一枚マンガ」の良さをより良く発揮した展示になったのではないでしょうか?
主催者側の意図が大きな効果を出しています。
また側面には原画も展示され、比較してみる事も出きます。
今後も、回を重さねて「一枚マンガ」の発表の場を是非つくってもらいたいものです。
入場料を払っても見る価値があります。

7月31日 シンポジウム、8月7日 漫画似顔絵教室などイベントあり

出品協会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、小島功、小菅りや子、さいとうあやこ、関口尚、武田秀雄、種村国夫、チョン・インキョン、所ゆきよし、西田淑子、はざま隆治、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、森田拳次、山田紳、矢野徳、横田吉昭の各氏、他

詳しい事は 
展覧会情報



(文・会報部、写真:会報部UNO)
 
 

コンペティション情報

2010年07月01日掲載

<部門>アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門
<募集期間>2010年7月15日(木)〜9月24日(金)
<賞与>[大 賞] 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞60万円
    [優秀賞] 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞30万円
    [奨励賞] 賞状(文部科学大臣賞)、トロフィー、副賞15万円

<審査員>
【アート部門】
岡﨑 乾二郎、後藤 繁雄、四方 幸子、関口 敦仁、原 研哉
【エンターテインメント部門】
伊藤 ガビン、内山 光司、斎藤 由多加、寺井 弘典、堀井 雄二
【アニメーション部門】
伊藤 有壱、氷川 竜介、樋口 真嗣、古川 タク、りんたろう
【マンガ部門】
かわぐちかいじ、さいとうちほ、永井 豪、細萱 敦、村上 知彦

<宛先>CG-ARTS協会内「文化庁メディア芸術祭事務局」
    〒 104-0031 東京都中央区京橋1-11-2 4F    TEL  03-3535-3501


*平成21年9月26日から平成22年9月24日までの間に完成または、完成作品として発表された作品が対象
*Webサイトから応募申込も可(但し作品の種類に応じた審査資料を事務局に提出すること)
*作品返却不可
*詳しいことは「文化庁メディア芸術祭」をご覧下さい。

*募集期間は終了しました。
 
 

展覧会・イベント情報

2010年06月16日掲載

期間:2010年7月21日(水)〜30日(金)
時間:10:30〜19:00(最終日のみ15:00まで)
場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C
   東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
   03-3225-5001
協力:(社)日本漫画家協会

無休・入場無料

出品協会会員:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、大石容子、小幡堅、一峰大二、香取正樹、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、倉田よしみ、小島功、小山賢太郎、里中満智子、篠原ユキオ、芝岡友衛、シュルツェ昌代、多田ヒロシ、種田英幸、種村国夫、ダンヨシコ、ちばてつや、所ゆきよし、トシ ヒコ、西田淑子、橋爪まんぷ、花村えい子、バロン吉元、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、牧野圭一、松本零士、森田拳次、モンキー・パンチ、矢口高雄、やなせたかし、矢野功、矢野徳、山田ゴロ、山田紳、山根青鬼、わたなべまさこ

(童画家)内海 博、おおくぼヒロアキ、川上尚子、河野あさ子、篠原良隆 、中沢正人、古内ヨシ

■関連イベント

ちばてつや氏、矢口高雄氏 による自然を守ろうチャリティサイン会

2010年7月25日(日) 矢口高雄氏 14:00〜
2010年7月30日(金) ちばてつや氏 13:00〜
※各30名(2時間前より参加整理券を配布)各氏の作品の出力紙にサイン、1,000円以上の募金(WWFの自然保護活動に役立てられます

毎日先着30名アンケートに答えると「生き物イキイキ漫画展 開催記念図録」プレゼント!

詳しい事は
http://konicaminolta.jp/plaza/schedule/2010july/ikiiki/index.html
 
 

展覧会・イベント情報

2010年06月10日掲載

期間:2010年7月7日(水)〜8月29日(日)
時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
場所:日本新聞博物館 2階 企画展示室
   神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
   045-661-2040
休館:毎週月曜日(祝日は開館、翌日閉館)
入場料:一般・大学生500円、高校生300円、小・中学生無料

出品者:秋竜山、鮎沢まこと、ウノ・カマキリ、えびなみつる、河原崎弘司、草原タカオ、クミタ・リュウ、久里洋二、小島功、小菅りや子、さいとうあやこ、佐藤正明、下谷二助、関口尚、武田秀雄、種村国夫、千葉督太郎、チョン・インキョン、所ゆきよし、二階堂正宏、西田淑子、はざま隆治、はまのゆか、ヒサクニヒコ、古川タク、前川しんすけ、森田拳次、山口マサル、山田紳、柳原良平、矢野徳、横田吉昭

関連イベント

シンポジウム(東京新聞フォーラム) 7月31日(土) 13時〜15時
日本新聞博物館 2階 ニュースパークシアター
パネリスト:清水勲、矢野徳、森田拳次、古川タクの各氏
コーディネーター:ヒサクニヒコ
お問合せ:東京新聞 03-6910-2509(平日10時〜18時)

漫画似顔絵教室 8月7日(土)14時〜16時
日本新聞博物館 3階 NIE全国センター 定員30名
講師:クミタ・リュウ
お問合せ:日本新聞博物館 045-661-2040(10時〜17時)

詳しい事は
http://newspark.jp/newspark/floor/info.html#100707
 
 
81 〜 90 件 / 全 119件

 

© Japan Cartoonists Association