「共謀罪は私たちの表現を奪う」文京シビックセンターにて開催

2017年04月10日

日本ペンクラブ主催のイベント「共謀罪は私たちの表現を奪う」が4月7日(金)に東京・後楽園側の文京シビックセンターにて開催されました。

当協会からは、ちばてつや理事長、ビッグ錠理事が登壇し、共謀罪への反対・懸念を述べました。

詳しくは日本ペンクラブのサイトをご覧ください。
http://www.japanpen.or.jp/news/47_1.html

 

(写真:会報部UNO、事務局)

  •   
  •   
  •   
写真 3
 
 

「風刺とユーモア−浙江省現代風刺マンガ展」式典開催

2017年04月10日

東京・虎ノ門の中国文化センターにて、「風刺とユーモア-浙江省現代風刺マンガ展」が開催中です。
4月7日(金)には、関係者によるセレモニーが行われ、大いに賑わいました。

同展は4月14日(金)まで開催しています。

展覧会情報 http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6424#id6424
東京中国文化センター https://www.ccctok.com

(写真:会報部UNO、事務局)

  •  中国文化センターの外観 
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 24
 
 

上野不忍池で「まんが似顔絵チャリティ」開催中 3

2017年04月07日

2017年3月18日(土)〜4月9日(日)まで東京都台東区にある上野恩賜公園・不忍池畔にて、似顔絵集団による「まんが似顔絵チャリティ」が開催中です。
前半の春の嵐とはうって変わって、後半は概ね暖かな天候に恵まれ、公園は満開の桜目当てに多くの観光&花見客が訪れ、それに伴い大勢の方が、似顔絵テントで足を止めてくれました。
そんなチャリティまんが似顔絵テントも今週末をもって会期終了となります、それまでに是非お花見がてら足を運んでみてください。

*桜満開の現在は受付時間を10時頃〜18時頃と、延長しております。(荒天により変更になる場合があります)
 最終日の4月9日(日)は16時受付終了となりますので御注意下さい。

(画像・文:会報部 柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 26
 
 
2017年04月07日

期 間:2017年4月12日(水)~17日(月)

時 間:11時~19時

会 場:積雲画廊(原宿駅 竹下口前)
    〒 150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-14 サンキュービル1階
    TEL 03-3478-7513

出展者:木下としお(協会員)、今井紀子、芝崎素子、氏家章雄、
    福島英(協会員)、他各氏出展 

お問合せ:TEL 03-3923-7513 今井・遠藤
           メール kinopuro@forest.ocn.ne.jp
     HP  http://kinopuro.jounin.jp/

(情報提供:きのプロ)

  •   
  •   
  •   
写真 3
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ 「KPI」

2017年04月04日

3月14日、在ウクライナ4日目。

この日午後は、ウクライナ工科大学・キエフ工科大学(National Tecnical University of Ukraine "Kyiv Polytechnic Institute")で、漫画とコスプレのデモンストレーションを行いました。詳細は写真をご覧下さい。

スケジュール的に厳しくて、この日には間に合いませんでしたが、復活祭が近く、ウクライナのイースターエッグ「ピーサンキ」の紹介がありました。
一行が帰国してから協会内で呼びかけを行い、ピーサンキに貼付ける画像を提供しております。

 

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •  これが復活祭の「ピーサンキ」 
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 40
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ 「キエフ・チルドレン・アートアカデミー」

2017年04月04日

3月14日、在ウクライナ4日目。この日午前中、一行は「キエフ・チルドレン・アートアカデミー」を訪問、漫画ワークショップを行いました。
元祖コスプレーヤーの一本木蛮氏に合わせて全員が衣装を考え(?)、独特の様子ですが、ワークショップは大盛り上がりでした。子供たちとの交流の様子は、写真をご覧下さい。

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 55
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ 「スラブチチ」

2017年04月04日

在ウクライナ3日目の3月12日。一行はスラブチチへ到着しました。ウクライナでの起き上がりこぼし展は、チェルノブイリ博物館とスラブチチ市の同時開催です。

スラブチチ市は、チェルノブイリ原子力発電所の収束作業に携わる方々が多く、原発事故後プリピャチ市居住者などの移住先として作られた街です。プリピャチは原発事故で人々が住めなくなったことから、旧ソ連が住人の移住先の街として事故後2年弱でスラブチチ市を作りあげたとのこと。

一行は、スラブチチ市長を表敬訪問、記念碑への献花を行いました。

また、チェルノブイリ博物館の翌日となりましたが、オープニングセレモニーが行われました。

 

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 45
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ 「ゼムリャキ」

2017年04月04日

3月11日、チェルノブイリ博物館から移動し、午後にはゼムリャキに到着しました。

ゼムリャキ(Zemlyaki)とは、チェルノブイリ原子力発電所事故の被災者を交互に支援するため結成された市民団体で、ウクライナの首都キエフに本拠地を置きます。ゼムリャキの構成員は、1986年の原発事故発生の際、近隣年のプリピャチから強制移住させられた避難者の方々です。また、元プリピャチ住民以外に、他の都市を含めて広く被災者の心身をサポートされているとの事。
ゼムリャキとは「同郷人」といった意味であるそうです。

一行は、ボルシチパーティーで歓迎され、その後こどもたちとのワークショップを行い、交流を深めました。

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏 情報提供:永野のりこ氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 34
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ 「ウクライナ国立チェルノブイリ博物館」

2017年04月04日

ウクライナ入りの翌日の3月11日、一行はウクライナ国立チェルノブイリ博物館へ向かいました。

博物館ではこの日から起き上がりこぼし展がスタート、そのオープニングセレモニーへの参加です。

合わせて、当協会理事を中心とし新たに描き下ろした起き上がりこぼしの贈呈式が行われました。

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 26
 
 

起き上がりこぼしプロジェクト・ウクライナ  在ウクライナ日本国大使館にて

2017年04月04日

日本漫画家協会は、デザイナーの髙田賢三氏が代表を務める「起き上がりこぼしプロジェクト」に賛同、2014年度より協力を行ってきました。

このプロジェクトは、東日本大震災の被災地の風評被害の払拭、復興のアピールとして、福島の民芸品「起き上がりこぼし」にアーティストやデザイナー等に絵付けをしてもらい、展示を中心として、活動を行うものです。
最初の展示での呼びかけで、協会からは105体の絵付けこぼしが集り、パリのジャパンエキスポ、ウクライナの「JAPAN MANIA」等で展示を続けてきました。

今年3月、ウクライナ国内で改めて展示を行う事となり、式典の参加に伴い当協会の漫画家3名、(一本木蛮、倉田よしみ、永野のりこ各氏)がウクライナ入りしました。

ウクライナ初日の3月10日、在ウクライナ日本国大使館でワークショップ、レセプションが行われました。詳しい様子は写真をご覧下さい。

情報ページ
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?key=起き上がりこぼしプロジェクト
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=6406

(写真提供:籔中博章氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 36
 
 
71〜80件 / 全3287件

 

© Japan Cartoonists Association