展覧会・イベント情報

じーもPresents「そしてキミも外道メンを喰う」

2017年07月28日

柴又の外道漫画家・平松伸二氏の自伝的漫画「そしてボクは外道マンになる」の単行本発売を記念して、平松作品を愛する葛飾の飲食店が8月1日より期間限定メニューとして「外道麺」を販売します。

8月21日(月)以降には、数量限定で平松氏のサイン入り単行本とのセット「外道麺セット」も販売されます。

詳しくはチラシをご覧いただくか
お問い合わせ先 (株)じも研 03-5856-3674 まで。


 
 
展覧会・イベント情報
2017年07月28日

日時:2017年8月1日(火)〜13日(日)
   ※8月7日(月)は休廊

時間:10時00分〜18時00分(最終日は16時00分まで)

場所:アートスペース上三条
   〒630-8228
   奈良市上三条町4
   TEL&FAX:0742-23-0114

詳しくはHPをご覧ください

 

 
 
漫協ニュース

「第二回 漫画とピクトグラムの応用と保護に関する勉強会」開催

2017年07月27日

2017年7月25日(火)、東京都千代田区永田町にある衆議院議員会館会議室にて「第二回 漫画とピクトグラムの応用と保護に関する勉強会」が開催されました。

当日は研究会の主宰で、当協会員である漫画家協会著作権委員・佐藤薫氏司会の下、衆議院・大畠章宏議員、当協会からは常任理事である松本零士氏が登壇、出席者は医療関係やマスコミが主立っていましたが、クリエイターの中には協会員の姿もちらほら見られました。

勉強会の内容は、ピクトグラムの第一人者である太田幸夫氏による報告がされましたが、漫画での応用となる話に移行すると、マイクは松本零士氏へ渡り、著作権の問題の現状から、著作という漫画家の財産を守りながら、ピクトグラムという絵で見せるサインへの応用にどう役立てるか、今後の取り組みが重要である、といった意見がなされました。

それをきっかけに、終盤の質疑・意見交換では出席者からも様々な意見が飛び交い、松本氏もそれに応える、漫画とピクトグラムの応用と保護、という観点において、とても考えさせられる、貴重な研究報告会となりました。


(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
展覧会・イベント情報

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1   創刊~1980年代、伝説のはじまり

2017年07月27日

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)は1968年に創刊され、来年の2018年で50周年を迎えます。
これを記念して、「週刊少年ジャンプ」の創刊から現在までの歴史を振り返る展覧会、「週刊少年ジャンプ展」を3回にわけて、森アーツセンターギャラリーにて開催いたします。

第1弾の「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」は、この時代を代表する350点以上の貴重な原画の数々と、伝説の作品が登場する会場限定の映像シアターなどで、雑誌の黎明期から急成長の80年代を支えた作品を紹介する豪華な展覧会となっています。

一般公開会期:2017年7月18日(火)~10月15日(日) ※会期中無休
       ◎平日 10:00~20:00(最終入館19:30)
       ◎土日祝日及び8月14日(月)~18日(金)
           9:00~21:00(最終入館20:30)

チケット情報:一般/学生 2,000円(1,800円)
       高校生/中学生 1,500円(1,300円)
       4歳~小学生 800円(500円)
       ※カッコ内は前売り料金 ※4歳未満は無料 ※価格は税込
       ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名様まで通常料金の半額

 会  場 :森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階)

 主  催 :集英社、森アーツセンター

 協  賛 :共同印刷、セブン‐イレブン・ジャパン、日本コカ・コーラ、バンダイ、
       バンダイナムコエンターテインメント、バンプレスト、ナムコ、メガハウス、プレックス、本田技研工業

公式サイト:http://shonenjump-ten.com/

 

 
 
展覧会・イベント情報

相馬野馬追応援 第六回「武者絵展」

2017年07月27日

漫画家・イラストレーター・アニメーター総勢100人による、相馬野馬追応援 第六回「武者絵展」が福島県南相馬市で開催されます。
豪華絢爛な武者絵の数々が皆様をお待ちしております。
 

期間:2017年7月29日(土)・30日(日)

時間:10:00〜18:00

会場:野馬追通り 銘醸館 (福島県南相馬市原町区本町2丁目52) TEL: 0244-26-8040

詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

 
 
事務局より

マンガ図書館Zによる過去の日本漫画家協会賞等の作品の公開について 4

2017年07月26日

マンガ図書館Zにご協力頂きました、当協会作家の作品公開情報の第4弾です。

今回は、タナカミノル氏「らくがき気分でワンワンワンコ展」です。

https://www.mangaz.com/book/detail/143201

不思議な?ワンコの世界をお楽しみください。

 
 
コンペティション情報
2017年07月26日

【北九州国際漫画大賞の目的】
漫画の魅力・ポテンシャルを北九州市から国内外に向けて広く発信し、漫画文化の普及を図ります。

【部 門】
●一般部門
●ジュニア部門(12歳以下)

【テーマ】
自由(お好きなテーマで描いてください)

【ジャンル】  
4コマ漫画

【作 品】
作品自作の未発表作品に限ります。
(同人誌・SNS・画像・投稿サイトなど非商業媒体での発表作品は可)

応募資格不問(プロ・アマ問いません)

【作品募集期間】
2017年7月1日(土)~2017年9月30日(土)14:00(日本時間)

【賞】

●一般部門
・大賞(グランプリ) 50万円
・海外部門賞 30万円(海外の応募作品から選考します)
・漫画ミュージアム賞 20万円
・asianbeat FUKUOKA,JAPAN賞 福岡往復航空券
(アジアンビートの対象言語(日本語、韓国語、中国語簡体字・繁体字、英語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語)での応募から選考します。)
・TOKIWA創賞:北九州市にクリエイターを集積するためのプロジェクトによる就業支援を行います。

●ジュニア部門
・ジュニア賞 作画用液晶タブレット

【審査】
一次審査
・主催者による一次審査を行います。
最終審査
・一次審査通過作品に対し審査員による審査を行います。

(審査員)
【審査委員長】松本 零士 <漫画家・北九州市漫画ミュージアム名誉館長>
うえやまとち <漫画家>
萩岩 睦美 <漫画家>
小松 悠真 <講談社 モーニング編集部

【受賞作品発表】
2017年12月上旬に北九州国際漫画大賞公式HP<kitakyushu-mangataisho.com>及び
北九州市漫画ミュージアム公式HP<www.ktqmm.jp>で発表します。
なお、優秀作品は西日本新聞に掲載されます。

【表様式】
2018年1月下旬表彰式を開催します。

【応募方法】
応募はすべてネットで受付致します。
HPの応募フォーム(https://kitakyushu-mangataisho.com/form/)に必要事項を記入の上、
作品データファイルをアップロードしてください。

【応募規約】
・作品形式は、4コマ漫画です。
 コマの形・大きさや配置は自由ですが、1ページにまとめてください。1人につき5点まで応募可能です。
 コマ4つで作品1点とみなします。作品は1点ごとに独立して鑑賞できるものにしてください。
 (キャラクターや世界観は共通していても構いません。)
・作品のデータ形式は、下記を目安に制作・保存してください。
 ピクセル数:3000px×4500px程度
 画像形式:JPEG画像(RGBカラーまたはグレースケール)※CMYK形式やモノクロ2階調はNGとします。
・作品投稿の際、国籍等必要事項をフォームに入力してください。
・暴力的、誹謗中傷、差別の助長、卑猥、他人を不愉快にする作品などコンテストの趣旨に反する作品は応募を無効とする事があります。
・応募作品は第三者の著作権・肖像権等の権利を侵害するものでないこと。

【著作権取り扱い】
応募作品の著作権は北九州市に帰属します。
本コンテストへの作品応募により、応募者は本コンテストの規約に同意したものとみなします。

【個人情報の取り扱い】
応募者の個人情報は、北九州国際漫画大賞の目的以外には使用せず、
個人情報保護法および関連法規を遵守して適正に取り扱います。

お問い合わせや詳細などはこちらのHPをご覧ください。

 
 
展覧会・イベント情報
2017年07月26日

期 間:2017年8月24日(木)〜8月30日(水)
    8月24日(木)17:00〜オープニングパーティー

時 間:12:00〜19:00(最終日17:00まで)

会 場:特定非営利活動法人 アート・トラスト彩ギャラリー
    〒107-0052
    東京都港区赤坂5-1-35NMビル1階
    TEL&FAX:03-6426-5565
    E-mail:jimukyoku2017@outlook.jp

参加作家:木南精示篠原ユキオジョルジュ・ピロシキ、根橋洋一、須田正己、向さすけ
     (太字協会員)

 
 
漫協ニュース

三匹の絵描きと侍の美味しい作品展「三匹と侍」開催

2017年07月24日

7月23日(日)11時から20時まで、そえたカレー(そえたかずひろ氏)・てふや食堂・うどん会(田中としひさ氏、寺島令子氏)の三匹が、大田区東矢口にある居酒屋「侍」と組んで、絵描きたちの手料理をみんなに食べてもらう1日だけの食イベントを開催しました。

当日は、そえた氏の特製カレー二種・てふや食堂さんの特製マッシュルームサラダ・うどん会さんの打ちたて茹でたてうどん二種・居酒屋侍さんのタンドリーチキンやかき氷などがチケット制で振舞われ、開店と同時に大勢の人達で賑わい夕方を前に食材がきれてしまうほどの盛況ぶりで、会場には漫画家の先生方の姿も多く見られました。

「料理をすること、ふるまうこと、一杯やること、話すこと、わしらはそれが好きなだけで、今日は一日一緒に楽しんでいただき、何をそんなに楽しんでいるのかちょっと伝われば幸いです。」(寺島氏談/うどん急報より抜粋)
そんな思いを胸に、出品各氏は、暑い中汗を拭き拭き料理を盛り付け、笑顔でお客様と言葉を交わし、会場内は終始「美味しい〜!!」という声と、笑顔に溢れていました。

(画像・文:事務局)

 
 
展覧会・イベント情報
2017年07月20日

期 間:2017年8月10日(木)〜8月19日(土)

時 間:11:00〜19:30

会 場:東京交通館 地下1階ゴールドサロン(東京都千代田区有楽町2-10-1)

問い合わせ先:スパンアートギャラリー(東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1階)
       TEL:03-5524-3060/TEL:03-5524-3103

参加作家:アオガチョウ、浅沼テイジ、麻宮騎亜、愛実、市川友章、イトウケイイチロウ、
     伊藤潤二、イマムラセイヤ、大石容子、太田翔、岡健之、鬼塚kama、
     開田祐治、かざあな、一峰大二香取正樹、カミジョウヒロ、菊池拓史、
     木村龍、CLICK CRACK、黒田武志、弘司、寒河江智果、櫻井紅子、さちこ、
     三条獅子 有忠、清水イズ、スクリーミング・マッド・ジョージ、墨佳遼、
     添田一平、ソノヤマ・タカスケ、空山基、高嶋英男、高橋葉介、
     タカヤマトシアキ、竹内しんぜん、槻城ゆう子、Deino、寺田克也、天神英貴、
     とやまみーや、中川知洋、永野のりこ西川伸司、NeQro、衣-hatori-、
     花上貴之、林美登利、原田みどり、雛奈雛子、百武朋、藤ちょこ、骨オヤジ、
     まいけるからわた、前田ヒロユキ、牧田恵実、丸山浩、マンタム、緑川美帆、
     向川貴晃、守亜、森園みるく、モリタクマ、諸星大二郎、山田雨月、山本貴嗣、
     山脇隆、横倉裕司、るるい宴、渡邊光也(太字協会員/参加作家は予定です。)

 
 
71〜 80件 / 全 3408件

 

© Japan Cartoonists Association