漫協ニュース

マンガで描いた抑留・引揚げのガマン「北見けんいち氏ギャラリートーク」開催

2017年09月25日

9月21日(木)より千代田区の九段学習館2階 九段ギャラリーにて開催中の、平和祈念展示資料館特別展示「マンガで描いた抑留・引揚げのガマン」のイベントとして、9月23日(土・祝)14時より、北見けんいち氏によるギャラリートークが行われました。
北見氏は、満州で生まれ4才の時に同地にて終戦を迎え、父親はシベリアへ抑留、5才で東京へ引揚げ、その5年後に、生きていると知った父親を品川駅まで迎えに行ったという経験をなされています。
氏独特のタッチで描かれた、原画の前で、その当時の様子や気持ちを語る氏に、来場者は真剣に耳を傾け、トークイベント終了後には、自分も引揚者です、と氏に話しかける来場者に気さくに応じる氏の姿がありました。

同展は27日(水)まで。
詳しくは、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=6645 をご覧ください。

(画像・文:事務局)
 

 
 
漫協ニュース

「SUPER FESTIVAL75」にて一峰大二サイン会開催

2017年09月25日

2017年9月24日(日)、東京都千代田区、北の丸公園内にある科学技術館にて開催された玩具の展示・即売会「SUPER FESTIVAL75」にて、一峰大二氏によるサイン会が開催されました。
サイン会は午前と午後の二部にわたって行われ、対象商品を購入した方へ、氏直筆のイラストが描かれたポストカードにその場でサインを入れ渡される、というものですが、中には過去発売された氏の単行本、ふろくとしてついてきたムックなど歴史を感じさせる一品を差し出すファンも。
氏はひとつひとつ丁寧にサインを入れ、そのつど席を立ってファンへ向かって笑顔で手渡し、握手や撮影のお願いにも気さくに応じるなど、とても暖かな空気が流れていました。

(画像 文:会報部 柳生柳)

 
 
展覧会・イベント情報
2017年09月23日

会 期:2017年9月16日(土)~11月5日(日) 
     ※毎週月曜日(9月18日、10月9日は開館)

時 間:9:00~18:00(最終入場17:30まで)

場 所:横山隆一記念まんが館

料 金:一般 前売り700円(当日800円)/団体640円/割引400円
    小学生〜高校生 前売り500円(当日600円)/割引300円
    ※未就学児無料、団体は20名以上
    ※65歳以上の方及び身体障害者手帳(1,2級)、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とその介護者1名は割引料金で観覧いただけます
    ※本展観覧の方は、常設展示を200円で観覧できます(一般410円のところ)

詳細はこちらのHPをご覧ください。

 

 

 
 
展覧会・イベント情報

日本におけるチェコ文化年2017 チェコ・コミックの100年展

2017年09月22日

日 時:2017年9月29日(金)〜2018年1月28日(日)

時 間:月・金 14:00〜20:00
    土・日・祝 12:00〜18:00
    火・水・木曜日、休館(祝日の場合は開館)
    冬期休暇:2017年12月26日(火)〜2018年1月11日(木)
         ※特別整理などで休館する場合もございます。

料 金:無料

場 所:明治大学 米沢嘉博記念図書館 1階展示コーナー

詳細やお問い合わせはこちらのHPをご覧ください。

 
 
漫協ニュース

岸田尚個展「生難の紛紜への闘争」開催中

2017年09月21日

2017年9月19日(火)〜24日(日)まで、東京都新宿区にあるギャラリーアートコンプレックスセンターにて、岸田尚氏による個展が開催されています。
アートの新たな発信基地を目指しているというこちらのギャラリー「ACT」は閑静な住宅街の中に位置するアートの複合施設で、このオアシスのような空間は、岸田氏の作風と相まって、都会にありながら静かな時も感じられる、とても雰囲気溢れる展示会となっています。

*同展は無休で開催されますが、最終日は18時00分で閉場となりますので、ご注意ください。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

(画像:会報部 柳生柳・岸田尚/文:柳生柳)

 
 
漫協ニュース

神田明神で「COMIC魂 創刊記念原画展」開催

2017年09月21日

2017年9月16日(土)〜19日(火)まで、東京都千代田区神田明神にてシニア世代向け時代劇漫画誌として発刊される「COMIC魂(KON)」創刊を記念した、同誌連載5大作家による原画展が開かれました。
出展作家は故・手塚治虫、石森章太郎両氏、林屋木久扇氏という、協会縁の作家に加え、叶精作、池上遼一両氏など、時代劇漫画の大御所たちの漫画原稿がずらりと並ぶ、とても見応えのあるもの。
平日の昼間にも関わらず来場者はひっきりなしで、その人気の程が伺え、場内には会期中、林家木久扇、叶精作両氏より神田明神へ奉納されたという原画も展示されていました。

*同展は9月19日(火)で終了しています。

(画像 文:会報部 柳生柳)
 

 
 
漫協ニュース

柴又・昭和レトロ喫茶セピアにて、yunのデコぬりえ®教室開催!

2017年09月19日

9月17日(日)14時から、葛飾区柴又の昭和レトロ喫茶セピアにて「yunのデコぬりえ®︎教室」が開催されました。
漫画家さんとのコラボデコぬりえ®︎は、ビッグ錠氏・平松伸二氏・木村直巳氏・三浦みつる氏・榎本由美氏に続いて今回は高岩ヨシヒロ氏の“國の防人”(展転社)で連載中の“彼女”のイラストが題材です。
高岩氏の奥様、富田安紀子氏も参加し、ご夫婦でプロの技をご披露いただき、デコぬりえ®︎はyun先生の厳しくも楽しいご指導の元、全員無事作品を完成することができました。
セピアさんの懐かしくも落ち着いた空間の中、女子力が磨かれるデコぬりえ®︎に参加されてみてはいかがでしょう♡
 

◆次回予定◆
「元気印の小悪魔イラストレーターでびまる先生の絵でデコぬりえ®します♡」

開催日時:10/15(日)14:00~17:00
会場:昭和レトロ喫茶セピア
https://ameblo.jp/sibamata-sepia/
住所:東京都葛飾区柴又7-4-11
アクセス:京成柴又駅より徒歩2分
電話番号:03-6657-8620
参加費用:2,000円(A4サイズの作品を作ります。)
★当日ご持参いただくもの★
作品持ち帰り用のクリアケース(A4サイズ)
♪でびまる先生のHP♪
http://www.devimaru.com/

(写真・文:yun、事務局)

 
 
漫協ニュース

トキワ荘フォーラム 第9回「伝説の編集者 丸山昭氏を悼む」トークイベント開催

2017年09月19日

9月16日(土)18時より、豊島区の雑司が谷地域文化創造館多目的ホールにて、トキワ荘フォーラム第9回「丸山昭氏とトキワ荘そして並木ハウス」と題して、ちばてつや氏と水野英子氏、元講談社編集者の新井善久氏による、伝説の編集者・丸山昭氏を悼むトークイベントが開催されました。

第1部は「丸山昭氏とトキワ荘そして並木ハウス」
第2部は「ATOMプロジェクト 雑司が谷の地に住んだアトムがあなたと話す」

第1部では、両氏と丸山氏との出会い、数々の当時のエピソード、今だからこその話が新井氏から飛び出したり、ちば氏の伝説の電気アンマ事件や、トキワ荘の紅一点であった水野氏のトキワ荘入居秘話など語り尽くせぬ内容が次々と語られ、これは一回ではなく何回も継続していきたいとの話も。
また、丸山氏の人柄を偲び、会場には多くの漫画家や関係者の姿が見られました。

第2部は、講談社の「週刊アトムを作ろう!」の担当編集者・開発者の方々による制作に関わるお話でした。現在まだ数体しかない完成品の ATOMが披露され、その可愛らしさと楽しさに観客は釘付け。

今回も、フォーラムは好評のうちに幕を閉じました。

(写真・文:会報部 UNO、事務局)

 

 
 
漫協ニュース

第13回 キャンディ・キャンディ展 開催中

2017年09月19日

9月16日(土)より、神奈川県藤沢市の喫茶睦月堂にて、第13回キャンディ・キャンディ展が開催されています。

16日は、睦月堂のオーナーでもある、ならやたかし氏の乾杯でオープニングを迎え、新たに、岸田尚氏とyun氏の作品が加わり、睦月堂の玄関を彩っています。

同展は、20日(水)の午前11時から午後5時までの開催です。

(写真・文:事務局)

 

 
 
展覧会・イベント情報
2017年09月18日

日 時:2017年10月7日(土)〜12月10日(日)
    ※毎週火曜休館日

時 間:11:00〜19:00(入館は18:30まで)

会 場:北九州市漫画ミュージアム 企画展示室

入場料:一般 600円(480円)、中高生 300円(240円)、小学生 150円(120円)
    常設展とのセット券:一般 800円(640円)、中高生 400円(320円)、小学生 200円(160円) 
    ※(  )は北九州市漫画ミュージアム年間パスポート提示者、
     年長者施設利用証提示者、30名以上の団体の1名あたりの料金
    ※未就学児、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方(1名まで)は無料

詳しくHPをご覧ください。

 
 
61〜 70件 / 全 3468件

 

© Japan Cartoonists Association