漫協ニュース

「画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画」展 開催中

2021年08月11日掲載

2021年8月7日(土)より川越市立美術館にて「画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画」展が開催されている。

惜しくも昨年12月にご逝去された花村えい子氏が手掛けた原画など約200点が展示されているほか、近年のインタビュー動画など貴重な資料や、当時の掲載誌、仕事机の再現ディスプレイ、親交のあった作家たちとのご交流の様子も紹介され、華やかな会場となっている。
いつもお優しかった笑顔を思い出しながら、順路を進んで行くと「可愛い色とりどりの世界」に包まれていく。

花村氏はキラキラ目に長いまつ毛、カラフルな髪色をはじめ、現在に至る少女漫画像の原型を創り出した。また、自身の作品のドラマ化や、ミステリ小説や古典文学を漫画化など、クロスメディアの先駆者でもある。生涯現役で、お亡くなりになる3日前までアシスタントに指示を出されていた。
懐かしい少女漫画から現在までの作品を楽しめる本展は9月12日(日)まで開催。

花村えい子氏のご出身地でもある川越の街では、川越氷川神社での描き下ろしイラスト入り絵馬(初穂料700円・数量限定)の領布のほか、周辺の施設・商店でのコラボレーション企画も開催中である。

(文:岸田尚 画像:岸田尚、大石容子) 

 

 

© Japan Cartoonists Association