マンガにおける恋愛の描き方-性の表現

2017年07月11日

『風と木の詩』竹宮惠子と『やがて君になる』仲谷鳰が語る恋愛表現のこれまでとこれから

京都精華大学では特別授業として竹宮惠子(漫画家/京都精華大学学長)と仲谷鳰(漫画家/京都精華大学人文学部卒)の対談を開催します。
今回の対談では、この二人が自身の作品をマンガ史の文脈でとらえ、マンガにおける恋愛の描き方について語ります。
また、人の心を動かす表現方法やそれぞれの表現に見られる必然性にも踏み込んで解き明かします。
地域の皆さまをはじめ、多くの方々のご参加をお待ちしています。

日 時:2017 年7 月30 日(日)

時 間:14:00~14:50

会 場:京都精華大学 本館3 階H-302 会議室 参加無料、先着順(定員140 名)

※オープンキャンパス開催期間中につき、混雑が予想されますので、予めご了承ください。

  •  竹宮惠子『少年の名はジルベール』小学館 
  •  仲谷鳰『やがて君になる』KADOKAWA 
写真 2
 
 

 

© Japan Cartoonists Association