展覧会・イベント情報

マンガの聖地としま!モニュメントお披露目会

2016年04月08日

2016年(平成28年)4月16日に南長崎マンガランド事業の第1弾としてトキワ荘のあった街にふたつの『マンガの聖地としま!』モニュメントが誕生します!

西武池袋線・東長崎駅
手塚治虫「ジャングル大帝」よりレオとライヤ

豊島区立南長崎スポーツ公園
寺田ヒロオ「背番号0(ゼロ)」よりゼロくん

モニュメントは、地域と豊島区が協働で進めるマンガによる街づくりの一環として、作品を通じて豊島区、そしてトキワ荘のあった街・南長崎に触れてもらおうと設置されるものです。
16日には「マンガの聖地としま!モニュメントお披露目会」が、モニュメントが設置される2ヶ所で行われます。

[第1会場/午前10時~]
西武池袋線東長崎駅/南口駅前広場

[第2会場/午前11時頃~]
豊島区立南長崎スポーツ公園
都営大江戸線落合南長崎駅A2出口すぐ

当日、お披露目会会場周辺では商店街・町会を中心とした地域の方々による風船のプレゼントや催し物などが行われます。

告知チラシは、そのまま街の回遊ができる地図になっています。
 ↓
広告チラシ

豊島区トキワ荘通りお休み処では、今回のモニュメントのキャラクターを生み出した手塚・寺田両先生に鈴木伸一先生を加えた3氏の紹介展示を行います[2階展示室/4月16日より]

▶トキワ荘とは

1952年(昭和27年)12月、豊島区椎名町五丁目(現・南長崎三丁目)に棟上げされた木造2階建てのアパート。手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄、鈴木伸一、森安なおや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水野英子、よこたとくお、山内ジョージら、昭和を代表するマンガ家が青年時代に暮らしていました。1982年(昭和57年)老朽化のため取り壊され、現在は出版社が建っています。

▶豊島区トキワ荘通りお休み処

開館時間:午前10時~午後6時(最終入館/午後5時30分)

休館日:毎週月曜(月曜祝日の場合は翌火曜休館)

入館料:無料

お問い合わせ:豊島区文化観光課 03-3981-1316
http://www.city.toshima.lg.jp/132/bunka/kanko/0069...

 
 

 

© Japan Cartoonists Association