展覧会・イベント情報

道草晴子×永野のりこ 「弱いまま生きていくということ〜道草の途中で出会ったものたち〜」 『みちくさ日記』刊行記念

2015年11月13日掲載

道草晴子さん初の書籍『みちくさ日記』がリイド社より好評発売中です。

本書は、13歳の若さで「ちばてつや賞」を受賞し漫画家としてデビューするも、
ほどなく精神科病院に入院……、著者が歩んできた15年以上にわたる途方もない“人生の道草”と、再び絵筆を執るまでの涙と笑い、そして再生の記録を綴った自伝的作品です。

今回B&Bでは、『みちくさ日記』刊行を記念してトークイベントを開催します。
対談のお相手には、漫画家の永野のりこさんをお招きします。

道草さんにとって、永野さんは思春期に大きな影響を受けた作家のお一人と言います。
少年少女が抱えるトラウマと成長などを描いた作品が多く、1990年代後半に多くの支持を集めた『電波オデッセイ』が2011年に復刊されるなど、時代を経てもなお、辛い現実を生きる若者に寄り添いつづける永野のりこさん。

お二人には、『みちくさ日記』をはじめとし、漫画として伝えられるものについてなど、広く語っていただきたいと思います。
どうぞお楽しみに!


期間:2015年11月17日

時間:20時〜22時(19時30分開場)

場所:本屋B&B
   世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

入場料:1500円+ワンドリンクオーダー

出演: 道草晴子(漫画家)永野のりこ(漫画家)

詳しくは http://bookandbeer.com/event/20151117_michikusa/

 

 

© Japan Cartoonists Association