展覧会・イベント情報

2015年06月04日掲載

マニエリスムとは、主に16〜17世紀にかけヨーロッパで見られた、極度に技巧的・作為的な傾向をもち、時に不自然なまでの誇張や非現実性に至る美術様式のことである。曲線を多用した形、歪んだ遠近法、極度のコントラスト、異常なプロポーションや色づかいなどによる表現は、当時の社会不安・精神的危機を反映した様式、ルネサンス文化の継続的発展、人間の持つ非合理なものへの衝動などと様々な見方がある。つまり現代のデカダンスや耽美主義と通ずる表現とも言える。マニエリスムの視点から、“少女”をテーマにする。

期間:2015年6月16日(火)〜6月27日(土)

時間:11時〜19時(最終日17時まで)

休廊日:日曜日

会場:スパンアートギャラリー
   〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル1F
   tel.03-5524-3060

出品者:イヂチアキコ、駕籠真太郎、加藤美紀、寒河江智果、
    さちこ、蚩尤、高橋葉介、槻城ゆう子、
    永野のりこ(協会員)、横田沙夜、THORES柴本、Zihling

詳しくは http://www.span-art.co.jp/exhibition/201505mannerism.html

 

 

© Japan Cartoonists Association