漫協ニュース

2018年06月18日掲載

2018年6月15日(金)、東京都中央区にある帝国ホテル・牡丹の間にて、ブロック長会議および通常総会が執り行われました。
出席会員及び委任状の合計数は833名、現正規会員1471名につき、定款に基づく過半数以上の出席を以て総会は成立しました。

ブロック長会議では、それぞれのブロック長が現地での活動報告からはじまり、今後の計画や課題、新たなる目標や提案など、様々な意見が報告されました。

総会では冒頭、ちば理事長が10分遅れで到着などハプニングもありながら粛々と進み、まず物故会員への黙祷が捧げられ、その後は事業報告及び計画、監査報告などが報告されました。
特にここ近年は、漫画家協会の事業協力への多岐に渡る動きがめざましく、各事業への協力から電子サイト問題、著作権問題への取り組みなど課題は積算、これらは、それぞれ関わりの深い理事からも説明がなされ、わずかな情報をも聞き漏らすまいと会員も耳を傾けるなど、漫画という文化への真摯な姿勢がが伝わってきました。

総会終了後は臨時理事会を開催、そこでは代表理事・常務理事が選任され、今期よりちばてつや理事長職を退き会長職へ、理事長の席へは里中満智子氏が就任することになる、との大きな動きがありました。

その後は恒例の集合写真を撮影、終了後は授賞式と懇親会へと場を移します。


(写真:会報部、事務局・ 文:会報部・柳生柳)

 

 

© Japan Cartoonists Association