トキワ荘フォーラム 第8回「少女マンガ」開催

2016年11月24日

NPO法人日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラムが主催し、定期的に開催されている「トキワ荘フォーラム」ですが、今回は「少女マンガ」です。

まずは、マンガ家・マンガ研究家のみなもと太郎氏(協会員)による「少女マンガの広がり」。みなもと氏の独特の視点に会場は感心すること頻り。

休憩を挟み、マンガ家水野英子氏(協会員)とヤマダトモコ氏によるトークショー。水野英子氏は最近度々トークショーに出演されていますが、その度ごとに新しい側面を見ることができ、同時期に活躍された作家さんの話なども交え、大変興味深い内容でした。

(写真:事務局)

  •  会長・牧野圭一氏のご挨拶 
  •  みなもと太郎氏登場 
  •   
  •   
  •   
  •  みなもと氏のトークに水野氏が。 
  •   
  •  水野英子氏とヤマダトモコ氏のトークがスタート 
  •   
  •   
  •  水野氏のトークにはみなもと氏が説明に! 
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 16
 
 

第8回環境教育ポスターコンクール表彰式

2016年11月22日

公益財団法人こども教育支援財団主催の環境教育ポスターコンクールに当協会が協力を行うこととなりました。このポスターコンクールは第8回を数え、毎年多くの作品の応募があるそうです。

11月20日(日)午後1時半から、東京・日比谷公園にある「千代田区立日比谷図書文化館」(千代田区日比谷公園1番4号)にて表彰式・受賞作品展覧会が行われ、受賞者、関係者が出席しました。詳しくは写真をご覧下さい。

受賞者の作品展は、年内は2カ所で行われます。
■第1回会場 
学研本社ビル1F・2F(東京都品川区西五反田2-11-8)
2016年11月22日(火)・24(木)9:00~17:00、25日(金)9:00~15:00 
■第2回会場 
新宿西口プロムナード・ギャラリー
2016年12月4日(日)~12月16日(金) 

 今回の受賞作品と当協会会員がコラボレーションした企画展「環境マンガと子どもたち」が、2017年1月〜3月の期間、東京・神田と関西地区にて行われます。こちらの詳細は、後日掲載いたします。

 

(写真:会報部UNO、事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •  作品展示を見る協会員やの功氏、辻下浩二氏。 
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 20
 
 
2016年11月21日

11月14日に肺炎のため79歳で逝去された当協会会員髙井研一郎氏の葬儀が、調布市の国領総合斎場にて執り行われました。

(写真:会報部UNO)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 22
 
 

エネルギー国際会議にて、風刺漫画展の展示が行われる

2016年11月04日

福島市で11月3日から行われたエネルギー国際会議にて、風刺漫画展の展示が行われました。
参加漫画家は、ウノ・カマキリ、クミタ・リュウ、所よしゆき、前川しんすけ、二階堂正宏、古川タク、ヒサクニヒコ各氏です。

(情報提供:ヒサクニヒコ)

  •   
  •   
写真 2
 
 

「山田ゴロとブチ素敵な仲間達」開催

2016年11月04日

事の始まりは、同じシーモールシアターで開催される「怪談会」に出演するだけでしたが、マンガ家が来るのなら、同時に原画展をやって頂けませんかというお話をいただき、怪談会の会場の壁に、数点飾れればいいのか:なと思い、お引き受けしました。

ところが、現地では、マンガ原画展が開かれると言うことで、後援に山口新聞社・下関教育委員会 協力に徳山大学・ZIPシーモール下関・ヘアーマニア・ロータリーパワースティション 、さらに、日本漫画家協会中国支部・一般社団法人マンガジャパン等々のご協力をいただけることとなり、開催一ヶ月前からテレビやラジオなどでも紹介され、信じられないほどの広がりとなっていました。

おかげさまで当日は、トークイベントとライブドローイングも行い、満席、大盛況となりました。
原画展の後も、2つのラジオ番組にインタビューと特番に出演させて頂きました。
今まで首都圏の原画展を催してきたのですが、こんなに喜んで頂けるのなら、これからは地方での原画展なども、積極的に開催していこうと思います。
ご協力を頂いた全ての方に、心から感謝致します。

 

(文:山田ゴロ 写真:ココア)

※同催しは、2016年10月19日(日)に山口県下関市のシーモール下関・元シアターゼロにて開催されました。
 イベント情報

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 7
 
 

手塚治虫文化祭 キチムシ’16 開催中

2016年11月04日

11月3日(木)より吉祥寺のリスベストギャラリー創にて、「手塚治虫文化祭 キチムシ’16」がスタートしました。これは昨年末に同ギャラリーにて開催され好評を博した展示の第2回となります。
内容は手塚治虫オマージュの限定コラボマーケットフェス。
手塚作品のキャラクターをモチーフに各作家がオリジナルに制作したコラボレーションアイテムの展示即売が行われています。

会場に伺ったのは、オープン直前の関係者内覧会になります。既にギャラリーの外には、長い行列が。

3日目に伺った際にも、会場内は大勢の人人人で大盛況でした。
「これでもだいぶ落ち着いたのよ。」と出展者は仰っていたが、連日、著名な作家さん達が訪れ、多くの方々がここでしか買う事の出来ないコラボレーションアイテムに見入っていました。

この展示は11月9日(水)まで行われます。

(写真:会報部UNO、事務局)

展覧会情報

※ 3日目(11/5)の画像・文を追加しました。(11月7日)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 42
 
 

「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(3)

2016年10月25日

各種展示の様子です。

(写真:会報部・柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 18
 
 

「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(2)

2016年10月25日

海外漫画フェスタとトークライブの模様です。

(写真:会報部 柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 19
 
 

「コミティア118&海外漫画フェスタ」開催(1)

2016年10月25日

2016年10月23日(日)、東京都江東区にある、東京ビッグサイトにて、創作系同人誌即売会「コミティア118」そして同会場内にて「海外漫画フェスタ」が同時開催されました。

コミティアには、今回も多くの協会員が出展、早くも新刊完売というスペースや、切れ間なくファンが立ち寄るスペースなども多く、他にこうの史代氏の著作劇場公開を記念したトークショー開催、出張編集部や大小様々な展示ブースなど、勢いは相変わらずでした。

更に同時開催されていた海外漫画フェスタでは、日頃目に触れることの少ない海外のMANGAとあって来場者は興味津々、出展者の中には、協会員であるルフランソワヴァンサン氏、筑濱カズコ氏が会場を盛り上げ、姫川明氏によるサイン会では長蛇の列ともなり、とても盛況な様子でした。

更にここでは特別イベントとして、海外と日本を代表する漫画家たちによる、世界の漫画を語り合うトークライブも開催。全3部に及ぶそこへは、日本からは独特のタッチを誇るカネコアツシ氏、著作「コブラ」で知られる寺沢武一氏が登壇するなど、会場は終始大盛り上がり、氏らは海外の漫画家達と胸の内を語り合い、漫画を通じた国際交流を深めていました。

 

(写真 文:会報部 柳生柳)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 24
 
 

さいたま市立漫画会館「手塚治虫とっておきの漫画」展にて、手塚るみ子氏・清水真里氏トークショー開催

2016年10月25日

10月23日 日曜日 さいたま市立漫画会館で行われた「手塚治虫とっておきの漫画展」のトークイベント「手塚先生の思い出」に行ってきました。
漫画会館はプロマンガ家の祖である北澤楽天先生の住居だったところ。
と言うことで、まずは北澤神社とお墓参りをさせて頂きました。

イベント会場は満席。
2時と同時に、手塚先生の長女、手塚るみ子さんと、鉄腕アトムの声を担当した声優清水マリさんが登場。
清水マリさんの「アトムの声」での挨拶から始まりました。
もう、その声を聞いただけでアトムと同い年のぼくはドキドキしていました。
(鉄腕アトムは1952年雑誌「少年」に連載が開始されました)

るみ子さんは、マンガ家ではない父、手塚治虫について語られました。
忙しすぎて家庭も振り返るヒマもなかったんじゃないかと思っていたのですが、じつは本当に子ども達を大切にしていて、そんなエピソードの数々に心で微笑みました。

清水マリさんは、元々は演劇の劇団員の人。
まだ「声優」という職業が無い時代からの、手塚先生、鉄腕アトムとの出会いを熱く語られました。
ぼくも知らなかったのは、ずっと鉄腕アトムの声は、清水マリさんだと思っていましたが、マリさんが妊娠、9ヶ月のところでドクターストップ。
そのため、途中の8回ぐらいは、違う人が声をあてたようです。
トークイベントの最後に、手塚先生が描かれた童話「かわいそうなぞう」の朗読がありました。
会場からは、感動のあまりハンカチを取り出す人も。その内容は、子どもを愛した手塚先生のお人柄が偲ばれる素晴らしいものでした。
あっという間の1時間。一生の思い出になりました。

 

(文:山田ゴロ  写真:会報部UNO)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 10
 
 
1〜10件 / 全1293件

 

© Japan Cartoonists Association