2014年11月26日

11月26日〜12月3日まで、東京都美術館にて第40回「現創展」が開催中です。

展示会情報 http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=4961

出品者:立岩彰、故 加藤英正、荒木典子、福田透、龍まんじ(バロン吉元 協会員)、山内洋子、山田一好、宮崎弘行、倉本美由紀、芳賀啓、内田千歳、塩川晴美、梶原誠、斎藤孝則、伊藤崇人、野中久、三輪光明、松尾輝代、仲本兼智、伊藤英樹、鴨志田栄巳子、渥美陸代、林郁子、井上京子、小西敦子、山口虹雪、今井賀寿世、福満喜弘、當房勝、野口勝治、MITIKO、廣瀬龍子、西蔭一明、久保敏子、鈴木真知子、久野道雄、古城昭是、倉重絢子、高林孝枝、渡口順子、川村喜久枝、六条スミ子、松井京子、遠山剛、浅古敏子、横江英子、戸澤佐枝子、小林緑、上田純子、片山由記子、渡辺忠、菅ナオコ(協会員)、新関創之助、橋本博、新井一馬、杉山大明、竹中英夫、宇治川博、加藤浩二、小杉省三、宮川具、飯塚誠三、吉田巌、五藤未有、吉川光彦、尹仁淑、大久保博、大庭修二、Michico、大野明加音、大内美惠子、高木功、近藤正秀、エトウイズミ、岩崎雅一、萩原友紀子、Grigoli vincenzo、堀井奈央子、岸田尚、くまねこ、桜井美月祈、左近士諒(協会員)、高木万由子、佐々木優衣、大庭夕奈、萩原友紀子、市川あかり、岩田モリ、一ノ木戸諒太、佐々木華、金野紗奈、長谷川誠吾、川口朝楓、太田優花里、杉山優奈、熊谷玲香、岡野春香、荒木慎司、泉ゆきお(協会員)、一瀬美奈子、一本木蛮(協会員)、牛島聖子、ウノ・カマキリ(協会員)、オーサ・イエークストロム、大嶽あおき(協会員)、小笠原智子(協会員)、御茶漬海苔(協会員)、柏木大、せきやてつじ(協会員)、香取正樹(協会員)、川口明子、土山しげる(協会員)、DORA石川、中野耕一、中村紗彩、ねもと章子(協会員)、野地瑞穂、花村えい子(協会員)、樋口裕子、平松伸二(協会員)、藤井龍二(協会員)、藤森玲子、べろみ、松島りつこ、本幸介、柳生柳(協会員)、YUN、吉元れい花、倉田加州、一峰大二(協会員)、辻下浩二(協会員)、メソポ田宮文明(協会員)

(写真:会報部 UNO)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 35
 
 
2014年11月26日

平成26年11月24日、 公益社団法人日本漫画家協協会会員の石川フミヤス 氏 が、77歳で逝去されました。
慎んで御冥福をお祈り申し上げます。

【通 夜】11月28日(金)18:00〜

【告別式】11月29日(土)11:00〜13:00

【場 所】宝仙寺
     東京都中野区中央2-33-3
     TEL: 03-3371-7101

葬儀委員長 さいとう・たかを(齋藤隆夫:株式会社さいとう・プロダクション代表取締役)

喪 主・石川 沖 (石川氏ご長男)

※ご葬儀、お供え、ご供花に関するお問い合わせ
 株式会社アーバンフューネスコーポレーション TEL:03-5144-0673

 
 

『小さな恋のものがたり』第43集発売記念企画 みつはしちかこ氏握手会開催

2014年11月25日

11月23日、大盛堂書店(東京都渋谷区)3階イベントスペースにて、みつはしちかこ氏の握手会が開催されました。
家族4代にも渡って「小さな恋のものがたり」のファンだという方や多数の熱烈なファンに囲まれ、終始和やかな雰囲気でした。

(写真:会報部 UNO 事務局)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 10
 
 

田河水泡・のらくろ館 マンガの可能性を語る ~第6回 貸本・劇画・コミックを描き続けて バロン吉元〜

2014年11月25日

11月23日、森下文化センターにてマンガの可能性を語る~劇画・コミック・青年誌~の第6回目が開催されました。
講師はバロン吉元氏でした。

(写真:会報部 UNO 事務局)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 12
 
 
2014年11月25日

今年も東京の森下文化センターにて、12月7日まで、落語をテーマにした漫画・イラストの展示が行なわれています。ヒトコママンガ、4コマ、落語家の似顔絵など、様々な作品が揃いました。今年は協会員でもある林家菊久扇氏がゲスト参加しています。11/29日には噺家、柳家小せん氏を招いての落語会「あさり寄席」、11/30にはメンバーの似顔絵画家らによる似顔絵会も予定されています。

(写真 文:会報部 UNO 大石容子 事務局)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 29
 
 

永遠のふたり「チッチとサリー展」開催中

2014年11月21日

2014年11月20日(木)より、東京都渋谷区にある大盛堂書店 3階イベントスペースにて、みつはしちかこ氏著「小さな恋の物語」最新刊34集の発売記念として、展示会が開催されています。

場内は氏の貴重な原画、これまでに出されたグッズや書籍が展示され、原画は撮影、書籍やグッズは閲覧自由という形で展示されています。

初日はあいにくの雨模様だったにも関わらず、切れ間無く来場者が二人の恋を見守ろうと訪れていました。

同展の23日は、抽選で握手会が開催されます。(イベントデーであるこの日は開場時間が通常と異なりますので御注意ください)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 17
 
 

風刺漫画の牙城「第38回くまんばち展」開催中

2014年11月19日

2014年11月17日(日)より東京都新宿区にあります花園画廊にて「第38回くまんばち展」が開催されています。

初日のOPパーティーには数多くの出展者や一コマ漫画ファン達がつめかけ、まさにオープニングに相応しい、とても華やかな場となりました。

会期中は似顔絵コーナーも設けられ、同展は23日(日)まで開催されます。

*最終日は16時に閉場されますので御注意ください。

(写真:柳生柳・UNO、記事:柳生柳)

展覧会情報

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 32
 
 

第22回国際ユーモアと風刺のビエンナーレ GABROVO 2015, ブルガリア

2014年11月18日

<カテゴリー>●カートゥーン●グラフィック&ドローイング●絵画●彫刻●ポスター●写真

<テーマ>(家庭や大学、社会などで)抗議する人(The Protester): カートゥーン部門
      その他の部門はテーマは自由、ただしユーモアのセンスで処理すること
      以下カートゥーン部門のみ翻訳します。

<締切>2015年3月1日

<各賞>大賞:2000BGN,金イソップ像、2017年度個展
    GABROVO市賞:1500BGN,GASCAR像
    ブルガリア文化省賞(6):1000BGN(各部門に)
    ユーモアと風刺ハウス美術館賞:400BGN,"笑いがあるから世界は続く"額
    ロータリークラブ賞:100€、スーツケース、ヴィザ
    ライオンズクラブ ヤングタレント賞:500BGN

    *特別賞
    禁煙ベストカートゥーン賞:500BGN
    対アルコール中毒ベストカートゥーン賞:500BGN
    自然保護ベストカートゥーン賞:中央バルカン3日間の旅
    GABROVOをテーマにしたベストカートゥーン賞:100BGN

<サイズ>最大A4

<枚数制限>2点

<宛先>Museum HOUSE OF HUMOUR AND SATIRE
    68, Bryanska St., P.O.Box104, 5300 Gabrovo, BULGARIA

<問い合わせ先>E-mail:humorhouse@globcom.net
        humorhouse.gabrovo@gmail.com

*応募用紙が必要(要項も応募用紙も下記アドレスより取れます)大文字で記入のこと。
www.humorhouse.bg/engl/bienale/condition.html

*作品裏面に氏名、作品タイトル、制作年、テクニック(描法)、サイズ、価格、カテゴリーを明記。
*応募作品は手書きサイン入りの原画であること。過去の受賞作は受け付けない。
*応募作品は応募者の送料負担で返却するが、そうでない場合は当館に贈呈される。
*応募作品の封筒には、PRINTED MATTER とNO COMMERCIAL VALUEと明記のこと。
*受賞作品は下記アドレスで閲覧可

http://www.humorhouse.bg

 
 

漫画家 池上遼一 VS 脚本家 辻真先 の対談! マンガの可能性を語る 最終回

2014年11月17日

「田河水泡・のらくろ館」(森下文化センター)恒例のマンガ関連講座。今年は、シリアスなストーリーや太く濃い絵柄が特徴の「劇画」をテーマに開催してきました。最終回は、今でも精力的に劇画の連載を続けている池上遼一先生と、日本アニメ界を黎明期から支えてきた辻真先先生が対談します。お二人が1968年にタッグを組んで連載した『追跡者』(週刊少年キング)と『怪奇大作戦』(月刊小学三年生)を中心に展開される創作論、どうぞお楽しみに。

期間:2014年12月21日(日)

時間:午後2時〜3時30分

会場:江東区森下文化センター 2階多目的ホール 
   〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17 tel 03-5600-8666

受講料:1500円

募集人数:100名(先着順)

お申し込み・お問い合わせ http://www.kcf.or.jp/morishita/kouza_detail_010200500192.html

  •   

  •   

写真 2
 
 

もうすぐ年明け 表現者の集い — 干支「未」展 —

2014年11月17日

期間:2014年12月11日(木)〜12月21日(日)12月17日(水)休廊

時間:12:00〜18:00(最終日17:00まで)

会場:ライブアートギャラリー すとれんじふるうつ(旧 ギャラリー大磯)
   〒255-0004 神奈川県大磯町東小磯151 tel 0463-61-7338

出品者:庭植國榮、佐藤東魚、富岡誠一、石井行、池田達郎、岡崎忠英、佐々木ケン、関としお(協会員)、畠山晶、和田圭以

  •   

  •   

写真 2
 
 
1〜10件 / 全2380件

 

© Japan Cartoonists Association