「ねこまんてん」~猫を愛する漫画家10人の展覧会~

2015年07月31日

猫好き漫画家10名による、猫の展覧会。
イベントでは猫のイラスト原画の展示や、会場限定グッズの販売等が行われます。
グッズの売り上げは、動物愛護団体へ全額寄付されます。

期間:2015年7月31日(金)〜8月12日(水)

休廊日:木曜日

入場料:無料

時間:12時〜20時(金、土曜は23時まで、20時〜21時までは一時閉店)

会場:猫雑貨&猫ギャラリー 猫の額
   東京都杉並区高円寺北3-5-17
   tel.03-5373-0987

参加作家:上野顕太郎(協会員)、くるねこ大和、西原理恵子(協会員)、須藤真澄(協会員)、竹本泉、樹るう、寺島令子(協会員)、みずしな孝之、山川直人、私屋カヲル(協会員)

 
 
2015年07月31日

期間:2015年8月4日(火)〜29日(土)

時間:13時〜19時

定休日:月曜日

会場:ギャラリーカフェ アプリポワゼ
   〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-11 第19岡崎ビル1
   tel.03-5577-5881

  •   
  •   
写真 2
 
 

鎌倉在住作家による 猫・プラスα展

2015年07月31日

期間:8月1日(土)〜8月15日(土)

時間:11時〜17時

会場:カトレヤギャラリー
   神奈川県鎌倉市小町1-5-27
   カトレヤビル2F
   tel.090-1264-0907(山崎信弥)

出品者:小山賢太郎(協会員)、二階堂正宏(協会員)、筑紫直弘(協会員)、福井良宏

 
 

アンパンマンとやなせたかし展 in 倉敷天満屋

2015年07月27日

期間:2015年7月29日(水)〜8月16日(日)

時間:10時〜19時30分(最終入場は19時)
   最終日は17時閉場 最終入場16時30分

入場料:大人(中学生以上)700円 子ども(2歳以下無料)500円

会場:倉敷天満屋5階催場
   〒710-8550 岡山県倉敷市阿知1-7-1
   tel.086-426-2111


イベント開催!
 7月29日(水)と期間中の土日に、アンパンマン握手&撮影会開催!

  時間:(1)11時〜 (2)13時〜 (3)15時〜
  ※各回先着30組。各回30分前に整理券を配布致します。カメラはご持参下さい。

詳しくは http://www.tenmaya.co.jp/kurashiki/

  •   
  •   
写真 2
 
 

第8回寅さん記念館イラストレーション展2015「公開生原稿執筆」開催

2015年07月27日

7月12日より開催されています「第8回寅さん記念館イラストレーション展2015~柴又に、こい♡LOVE SHIBAMATA~」は、毎週日曜ごとのイベントで来場者を楽しませてくれています。

7月26日は、山田ゴロ(協会員)・倉田よしみ(協会員)両先生による、「公開生原稿執筆」と、中島昌利先生よる「ホワイトボード速攻キャラ作成講座」が行われました。

連日の猛暑で、来場者はやや少なかったものの、和気あいあいとした笑い声が溢れる雰囲気の中、親子連れ・家族での来場者や、山田ゴロ先生や展示執筆者の先生方も加わり、野菜を題材にしたキャラクターを描いて楽しみました。

また、普段はなかなか見ることのできない、山田・倉田、両先生の生原稿を描く姿に、来場者の方々は真剣に見入っていました。
このイラストレーション展は、8月2日まで開催中です。

最終日には、「当展示作家達&寅さんガイドと巡る 柴又プチ観光ツアー」が行われます。

詳しくは http://tollustration-v.jimdo.com/
寅さん記念館イラストレーション展 運営委員会ホームページまで。

(写真 文:事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 35
 
 

ワンダーフェスティバル2015年夏 開催

2015年07月27日

7月26日、幕張メッセで恒例のワンダーフェスティバル2015年夏が開催されました。

この会場にて、当協会理事の牧野圭一氏をはじめ、くさか里樹氏、ちばてつや氏が審査員を勤める「カッパ造形大賞リターンズ」の表彰式が行われました。年齢・プロ・アマ・サイズ等規定をあえて設けないこのコンテストは、作家の可能性を最大限に引き出しており、出展内容は目を見張るものがありました。

また、協会員の開田裕治氏や高知県・まんが甲子園など関係者も出展、賑わいを見せていました。

(写真:会報部 UNO 事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 48
 
 

沖縄でも大好評!『みんなだいすきアンパンマン やなせたかしの世界』展 開催中

2015年07月27日

沖縄支部では支部長島袋が取材に参りました。訪れたのは7月18日(土)。入り口にはドーンと「みんなだいすきアンパンマン やなせたかしの世界」展の看板がお出迎え。

チケット売り場から入場すると通路には、やなせたかし先生の紹介、東日本大震災の復興を願って描いた絵を展示。「ロボくんとことり」の展示室では、直筆のイラストと鉛筆の下描きを展示。隣のアニメ作品上映コーナーでは子供たちが熱心に鑑賞。次の「やなせたかしのありふれた誌」コーナーでは直筆の水彩画と大判の書にイラストが書かれた作品を展示。アンパンマンのコーナーでは直筆イラストはもちろん、「アンパンマンにはないしょ」を絵本1冊分が展示。どの作品もシンプルでありながら美しい色彩で、やなせ先生の優しさや平和への思い、自己犠牲を貫く「正義」を感じられる印象。来場した子供たちはアンパンマンに喜んだり、大人の方もじっくり作品に見入っていました。

主催の琉球新報社の担当者に沖縄でこの展示会を行うことになった経緯をお伺いしたところ、「夏休みに親子で楽しめる企画を開催したかったのがきっかけです。また、戦後70年でもあり、やなせさんの平和への思いも感じてほしいです。」とのこと。見どころや、やなせ先生らしい作品を伺うと、「『てのひらを太陽に』をはじめとする墨彩詩画など多彩な創作活動を観ることができます。『アンパンマンにはないしょ』の絵本原画を観てほしいですね。原画とえんぴつ画をセットで観る機会はそうそうないと思いますよ」とコメントしてくれました。

他にも最終週を除く土日に講堂で絵本の読み聞かせや紙芝居ショーの関連イベントも開催。講堂ではぬりえやアンパンマンを書くコーナー、絵本が読めるコーナーも用意。ほかにもアンパンマングッズや絵本などが買える物販コーナーも充実してます。

そして、この日は午後2時から講堂でラジオパーソナリティーとしてお馴染みの石底マキさんが読み聞かせを担当。石底さんが呼びかけると講堂は満席に。石底さんもアンパンマンのエプロンを装着して読み聞かせを開始。この日はアニメキャラクターになりきった「アンパンマンとそらとぶうめのみ」、やなせ先生が大好きだったという「しろい うま」、展示会場にもある「ロボくんとことり」を朗読。約30分の読み聞かせで、大人も引き込まれていました。終了後、石底さんにお話を伺うと、「絵本は目で読むのもいいけど、声を出して読むと、子供たちは自分の中で動画にするんです。読み手によっても違うので、世界観が広がります。今日はとても楽しかったですね。子供たちは目がキラキラ。やなせ先生の詩とメルヘンの大人の世界も引き続き楽しんで欲しいですね。命、愛、平和を声高でなく、淡々と伝えるのが素晴らしいです」と話して下さいました。

この記事はコミックチャンプルーサイトでも掲載しています。

http://comichan.com/info/2015/07/post-106.html

(写真・文:島袋直子氏)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 11
 
 

みんなだいすきアンパンマン! やなせたかしの世界展

2015年07月27日

「アンパンマン」の絵本原画やアクリル画の大作、「アンパンマンのマーチ」をはじめとする墨彩詩画など貴重な作品を通じ、やなせたかしの多彩な創作活動を紹介します。


期間:2015年7月3日(金)〜8月9日(日)

時間:9時30分〜17時(最終入館は16時30分まで)
   ※金曜日は19時まで開館(最終入館は18時30分)

休館日:毎週月曜

観覧料:一般800円、中高生600円、3歳〜小学生400円


関連イベント
  楽しい絵本の読み聞かせ

   アンパンマンやその他、さまざまな絵本の読み聞かせをお楽しみください!

   読み手:野底美智代・北山亭メンソーレ 沖縄県子どもの本研究会など

   日時:8月1日(土)
      午後2時~講堂で開催

  音の魔法使い 比嘉周作の紙芝居ショー

   アンパンマンの名作紙芝居を効果音とともにお届けします。

   日時:8月2日(日)
      午後2時~講堂で開催

【問い合わせ】琉球新報社営業局事業開発部(電話)098(865)5200(平日午前10時~午後5時)

詳しくは http://ryukyushimpo.jp/event/storyid-242980-storytopic-66.html

  •   
  •   
写真 2
 
 

日本漫画家協会 九州・中国支部 展示コーナー「海峡マンガ合戦」vol.2

2015年07月24日

6階常設展示エリア「漫画こぼれ話」では、「海峡マンガ合戦」と題して、日本漫画家協会の九州支部と中国支部に所属する作家のミニ個展を継続的に開催しています。

7月4日(土)からは、第2回として、中国支部から、なかはらかぜ先生の作品を展示しています。
徳山大学で教鞭をとりつつ、ストーリー漫画や、一コマ漫画、挿絵・イラストレーションなど、幅広く手がけておられる、なかはら先生。
バラエティに富んだ展示作品をどうぞお楽しみください。


期間:2015年7月4日〜9月4日(予定)

時間:11時〜19時(入館は閉館の30分前まで)

休館日:毎週火曜日

入館料:一般400円 中高生200円 小学生100円 小学生未満無料

会場:北九州市漫画ミュージアム
   福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5 あるあるCity5階6

 
 

8・15朗読・収録プロジェクト 番組ならびに展示のご案内

2015年07月22日

「8・15朗読・収録プロジェクト」の活動が、この夏様々な場所で紹介されます。


■ラジオ・テレビ・インターネット番組

  • 7月26日(日) 17:00~17:25 文化放送「みのもんたのニッポンdiscoveragain」
  • 8月2日(日) 17:00~17:25 文化放送「みのもんたのニッポンdiscoveragain」
    ※2週に分けて放送
  • 8月初旬 NHK国際放送(インターネット放送・日時・タイトル未定)
  • 8月9日(日) 20:00〜 NHKBS1(50分番組・タイトル未定)
  • 8月15日(土) 時間未定 NHKBS1(8/9の再放送予定)
  • 8月19日(水) 23:20〜(日本時間) NHK国際放送(BS1で放送した番組を、海外在住者向けに放送)


■イベント「8・15朗読・収録プロジェクト パネル展&朗読試聴会」
 ※ 本の紙面をパネルにし、音筆で音声が聞こえるようにした展示(展示するパネルの内容・枚数は各施設で異なります。詳細は今人舎にお問い合わせください)

  • 立川市教育委員会企画「著名人の八月十五日 昭和二十年の絵手紙」
    1 立川市役所 期間:8月6日(木)〜8月12日(水)
    2 柴崎学習館 期間:8月14日(金)〜8月20日(木)
    3 高松学習館 期間:8月22日 (土) 〜8月27日 (木)  ※8月24日 (月) 休館
    ※ 立川市教育委員会が戦後七十年事業の 1 つとして企画
  • 紀伊國屋書店新宿本店 (4F フォーラム)
    期間:8 月 6 日(木)〜8 月 12 日(水)
  • オリオン書房ノルテ店 (立川市)
    期間:7月16日(木)〜8月末 ※パネルのみ展示
  • 有隣堂 本店 (横浜市・JR関内駅)
    期間:7月下旬〜8月中旬 ※パネルのみ展示
  • 長野県立歴史館 (長野県千曲市)
    期間:7 月 25 日(土)〜9 月 15 日(火)
  • 能古博物館 (福岡市西区能古島)
    期間:7 月 31 日(金)〜年内
  • 沖縄平和祈念資料館 (沖縄県糸満市)
    期間:8 月 15 日(土)〜9 月 28 日(月)

 
 
1〜10件 / 全2600件

 

© Japan Cartoonists Association