「わたしのマーガレット展」開催

2014年10月23日

2014年9月20日(土)〜10月19日(日)まで、東京都港区六本木にある森アーツセンターギャラリーにて、「わたしのマーガレット展」が開催されました。

場内は創刊時から歴史を紡ぎ、時代を彩ってきた作家陣の生原稿や縁の品が所狭しと展示、それら貴重な作品群を一目見たいと、世代や性別を越え、当日は平日にも関わらず、多くの来場者で賑わっていました。

(写真 文:会報部・柳生柳)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 41
 
 
2014年10月22日

コスチューム、タイプフェイス、イラストレーション、3人のスペシャリストが誘う小さな船旅。

期間:2014年10月26日(日)〜11月4日(火)

時間:11:00〜17:00

会場:睦月堂
   神奈川県藤沢市鵠沼橘1-9-2
   江ノ島電鉄石上駅下車、徒歩約2分

参加者:こいけ典子、とやまみーや(協会員)、原 知崇

 
 

第2回・日本漫画家協会支部合同作品展「シブノミックス」

2014年10月21日

日本漫画家協会の全国8支部が総力を挙げて大集合!

期間:2014年11月6日(木)〜11月8日(土)

時間:10:00am〜7:00pm (最終日は6:00pmまで)

会場:元麻布ギャラリー
   〒106-0045 港区元麻布3-12-3 

問い合せ:https://www.facebook.com/shibunomix

  •   

  •   

写真 2
 
 

「高知×鳥取 まんが王国会議2014 in Akiba」開催

2014年10月21日

2014年10月13日、ベルサール秋葉原にて、昨年に引き続きの開催。しかし残念ながら台風19号のために高知県知事尾崎正直氏は来場出来ずビデオメッセージ、鳥取の平井伸治知事もトークセッションの前半のみの出演となってしまった。トークセッションでは他、達増拓也岩手県知事、まんが王国会議親善大使の漫画家、高知県知事代理としてまんがコンテンツ課の栗山課長、浜田ブリトニー氏が登場し、各県のまんが事業をアピールした。

セッションの最後に高知県からサプライズ。高知県で2015年2月21日・22日に「全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐」が開催される。http://mangaoukoku-tosa.jp/ この大掛かりなイベントには、当協会理事長ちばてつや氏の他、漫画家の里中満智子、ビッグ錠、土山しげる、西原理恵子、安倍夜郎、倉田よしみ、うえやまとち、Moo.念平、ひのもとめぐる、やまさき十三、北見けんいち、くさか里樹、上条淳士、河合克敏、正木秀尚、野村宗弘の各氏らが登場予定とのこと。内容も、まんが講座、グルメ漫画家のレシピの再現や、釣り漫画家と実際に釣りに行くなど、高知ならではの企画も。漫画家が描いて高校生が審査する「逆転」まんが甲子園も予定されている。

(写真:会報部・大石容子)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 17
 
 

開館20周年記念 第63回企画展「忌野清志郎展~手塚治虫ユーモアの遺伝子~」

2014年10月20日

"キング・オブ・ロック"と称され、愛と平和を歌い続けたミュージシャン、忌野清志郎。日本を代表するバンドマンとして時代の先頭を走り続け、その楽曲は世代を超えて現在も歌い継がれています。その作品や音楽活動から、「生きることへのメッセージ」や「互いを愛し、許しあうことの必要性」を強く発信していました。これは"マンガの神様"と呼ばれ、生涯かけて「生命の尊さ」を描き続けたマンガ家 手塚治虫も同じでした。
本展では、これまでも手塚作品と音楽のコラボレーションを様々に仕掛けてきた手塚治虫の長女 手塚るみ子によるプロデュースのもと、忌野清志郎の中に見る手塚治虫の影響やオマージュがうかがえる一面を紹介します。また、忌野清志郎のミュージシャンとしての活躍だけでなく、一時は本気で美術の道へ進もうかと考えていたほどの腕前の絵画作品も展示します。
直接接点がなかったものの、同じメッセージの表現者として、手塚治虫の精神を継承した忌野清志郎の世界をご覧下さい。

期間:2014年10月31日(金)〜2015年2月20日(金)

休館日:毎週水曜日(ただし、2015年1月7日・2月11日は開館)、12月29日〜31日

時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

会場:手塚治虫記念館2階
   〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65 TEL0797-81-2970

詳しくは http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/index.html


  •   

  •   

写真 2
 
 
2014年10月20日

落語と言うお題のもと、漫画・イラスト・立体等のビジュアル作品を各ジャンルのクリエーター達が一同に発表します。

期間:2014年11月23日(日)〜12月7日(日)※12月1日(月)は休館日

時間:9:00〜21:00 ※初日は12:00から。最終日は17:00まで。

会場:森下文化センター http://www.kcf.or.jp/morishita/
   〒135-0004 東京都江東区森下3-12-17  TEL03-5600-8666

入場料:無料

参加者:いご昭二(協会員)、ウノ・カマキリ(協会員)、大石容子(協会員)、大嶽あおき(協会員)、おがたたかはる、キャベツ、くのいちお風、くまごろ、さいとう あきら、佐々木知子、佐藤理恵、JERO、高橋エツコ、田島マサヒロ、ちば けいすけ、ちゃる、ちろ、辻下浩二(協会員)、徳山きみあき、としぼー、とつかりょうこ、中西らつ子、永野ヒロ、なかむら治彦(協会員)、nocchi、はざま隆治(協会員)、バトルロイヤル風間(協会員)、原田タカオ、福田紀子、まつなが陽一(協会員)、圓山武宏、柳生柳(協会員)、山田明子、YOSHiE

ゲスト出展:林家木久扇(協会員)

落語会「あさり寄席」11月29日(土) 18:00~ 柳家小せん、林みどり
似顔絵実演イベント:プロの似顔絵師がお描きします。11月30日(日) 11:00~17:00 色紙カラー 1名様1000円(1人追加につき+1000円)

詳しくは http://rakugaka.jimdo.com

 
 

トークイベント「漫画家親子対談 ヒサクニヒコ×久正人」開催

2014年10月20日

ヒトコマ漫画世代とコミック世代、マンガの話がかみ合い 親子対談は来場者を楽しませてくれたトークショウでした。

館内の漫画の展示は36年前に漫画集団が集まって出展した40点以上が展示中。物故漫画家も多く懐かしいやら興味深い。29日まで展示中。ちばてつや、赤塚不二夫、杉浦幸雄、富永一郎、鈴木義司、塩田英二郎、小川哲夫、桜井勇、森田拳二、小林治夫、柳原良平、やなせたかし、矢野徳、小島功、八島一夫、牧野圭一・・・ 一見の価値のある展示になっている。

(写真 文:会報部・UNO)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 22
 
 

「横浜市民ギャラリークロニクル1964-2014」開催中

2014年10月20日

10月10日から横浜市民ギャラリーにて、市民ギャラリー50年の軌跡をたどる開館記念展が開催されています。

(写真:会報部・UNO)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 13
 
 

忍たま乱太郎ミュージアム〜もっと知りたい忍たまのヒミツ〜

2014年10月17日

横山隆一記念まんが館
企画展示室

期間:2014年10月4日〜11月30日

時間:9:00〜18:00

休館日:月曜日(ただし、10月13日、11月3日、24日は開館)

観覧料:一般500(400)円
    小学生〜高校生300(240)円/割引250円
    小学生未満無料

常設展+忍たま展セット券:一般700(600)円/割引450円
             (高校生以下は常設展観覧無料)

※( )は団体料金(20名以上)
※65歳以上の方及び身体障害者手帳(1.2級)、療育手帳及び精神障害者福祉手帳をお持ちの方とその介護者一名は割引料金で観覧いただけます。

詳しくは http://www.bunkaplaza.or.jp/mangakan/

  •   

  •   

写真 2
 
 

「生誕80周年記念 横山光輝展 〜昭和から平成へ マンガの鉄人が駆け抜けた軌跡〜」開催

2014年10月17日

10月1日〜10月18日まで、東京芸術劇場5Fギャラリー2にて横山光輝氏の展示会が開催されています。
会場には「伊賀の影丸」「鉄人28号」「バビル2世」「魔法使いサリー」「三国志」など数々の作品の複製原画が展示され、またパネル展示やグッズ販売などもあります。

(写真:会報部 UNO)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

写真 27
 
 
1〜10件 / 全2340件

 

© Japan Cartoonists Association