2016年02月12日

期間:2016年2月6日(土)〜4月10日(日)

時間:9時30分〜17時

休館日:年末年始

入場料:大人300円・小中学生100円

会場:湯前まんが美術館
   〒868-0600 熊本県球磨郡湯前町1834-1 Tel 0966-43-2050

詳しくは:http://yunomae-manga.com/

 
 
2016年02月10日

日本出版美術家連盟(Japan Publication Artist League、略称JPAL)では、〝日本挿絵大賞2016〟として現在出版業界で、本の装丁画や、雑誌・新聞のイラストなどプロとして仕事をしている挿絵画家・イラストレーターの手描きによる作品を募集いたします。

◆応募期間
2016年2月15日(月)〜3月15日(火)

◆応募資格
・出版分野で、すでに挿絵・イラストの仕事をした実績のある方(印刷物のある方)
・広告などの分野で、すでに挿絵・イラストの仕事をした実績のある方で、出版の仕事にチャレンジしたい方
・年齢・国籍は問いません
・原画の販売が可能である方

◆応募作品の条件
デジタル作品は不可。画材・表現は自由です。
 (✳︎小説等をテーマに、描き起こし出品可。平面作品に限ります。)
・仕事として発表された作品での応募可。
 (ただし、事前にクライアントに対し、展示すること/公募展のDMや印刷物へ掲載されることなど、応募者の責任において許可などの確認をお願いします。)

◆注意事項
・反社会的表現、著しい性的描写及び、他者の著作権等を侵害するものでないこと。
・著作権侵害などの問題があった場合、JPALでは一切の責任を負いかねます。またそのような問題があった場合は、入賞を取り消すことがあります。

◆応募作品のサイズ
・原画サイズ:制限なし。タテ・ヨコ自由。
 (✳︎入選された場合のニューヨーク展展示には、サイズなどに別途条件があります。
  ✳︎キャンパス・パネルは可、額装はしないでください。)

◆応募点数・応募料
一人一点まで/10,000円

◆応募方法
下記HPより資料を請求下さい。

◆賞
入賞3名
・大賞:1名(最も優れた作品1点に授与)
 JPAL紀伊國屋展2016展示スペース:幅3mの授与

・紀伊國屋書店賞 :1名
 JPAL紀伊國屋展2016展示スペース:幅2mの授与

・バニーコルアート/リキテックス賞 :1名
 画材授与

入選:27名

ニューヨーク展入選:入賞・入選者から20名
 2次審査通過者の中から20名、応募作品をニューヨーク展へ出品し、展示・販売する権利を授与

◆詳しくは:日本挿絵大賞 2016


  •   
  •   
写真 2
 
 

第19回文化庁メディア芸術祭記念イベント 受賞者トークに業田良家氏出演

2016年02月09日

現在、国立新美術館他において開催中の第19回文化庁メディア芸術祭記念作品展では、連日関連イベントが行われています。
2月6日(土)には、業田良家氏(協会員・マンガ部門優秀賞『機械仕掛けの愛』)と長谷川愛氏(アート部門優秀賞『不可能な子供、01:朝子とモリガの場合』)が出演、モデレーター小町谷 圭(アート部門選考委員/メディアアーティスト/札幌大谷大学専任講師)によるトークイベントが開催されました。
会場は大入り満員、皆独特の世界観を持つお二人の話に聞き入っていました。

(写真:会報部・UNO)

詳しくはhttp://festival.j-mediaarts.jp

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 6
 
 

第19回文化庁メディア芸術祭記念作品展 開催中

2016年02月09日

第19回文化庁メディア芸術祭記念作品展が、現在国立新美術館他施設に於いて開催中です。今回はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界87カ国・地域から過去最多となる4,417 の作品が寄せられたとのことです。
会場では、受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績等を展示や上映、様々なプログラムを通じて紹介されています。
入場無料。

(写真:会報部・UNO)

詳しくはhttp://festival.j-mediaarts.jp

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 12
 
 
2016年02月09日

昨年8月に開催し好評を博した「京都模型の匠展」の第二章を,作家数・作品数を大幅に増加し,新作も加えて開催します。

幅広い世代に人気なプラモデル。その制作で収入を得ている「プロモデラー」の中でも,模型専門誌などで作品を発表し,様々なコンテストで入賞している京都在住の「プロモデラー=“模型の匠”」の作品展をぜひご覧ください。

期間:2016年3月19日(土)〜5月29日(日)

時間:10時〜18時(最終入館は17時30分)

休館日:水曜日(ただし、5月4日は開館)

入場料:無料
   (ただし、マンガミュージアム入場料【大人800円・中高生300円・小学生100円】は別途必要)

会場:京都国際マンガミュージアム 2F
   〒604-0846 京都市中京区烏丸通御池上ル TEL:075-254-7414


 
 

HIDEO TAKEDA & 武田秀雄 展 「花鳥風月」

2016年02月08日

花鳥風月と題し、花・風景・静物をテーマにイメージを駆使した70余点を掲載した、武田秀雄自主制作作画集「花鳥風月〜KA-CHO-FU-GETSU」の出版記念個展が開催されます。

期間:2016年2月19日(金)〜3月2日(水)

時間:11時〜18時

休館日:月・木

会場:ギャラリー睦

   〒260-0045 千葉県千葉市中央区弁天3−8−11

   TEL 043-287-2355 (駐車場有)

  •   
  •   
写真 2
 
 

日本漫画家協会 九州・中国支部 展示コーナー「海峡マンガ合戦」vol.5

2016年02月08日

6階常設展示エリア「漫画こぼれ話」にて、「海峡マンガ合戦」と題して、公益社団法人日本漫画家協会の九州支部と中国支部に所属する作家のミニ個展を継続的に開催しています。

第5回になる今回は、ヒトコママンガのキクチマサフミ氏の作品展示を行っています。

今回展示している作品は、最近のニュースで話題になった事柄などを取り上げた、メッセージ性のある作品になっており、見ていてなるほど!と思える作品ばかりです。一枚の絵に込められた作品の面白さ、ぜひご覧ください。

期間:2016年2月6日(土)〜4月8日(金)

時間:11時〜19時(入館は閉館の30分前まで)

休館日:火曜日(休日の場合はその翌日)

入場料:大人400円 中高生200円 小学生100円 小学生未満無料

会場:北九州市漫画ミュージアム
   福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5 あるあるCity5階6階
   TEL.093-512-5077

詳しくは:http://www.ktqmm.jp/kikaku_info/7292?list=all&pg=1

  •   
  •   
写真 2
 
 
2016年02月04日

●日時
 2016年2月20日(土)2:00pm〜(開場1:30pm)

●場所
 トキワ荘跡地 日本加除出版(株) 本館4階ホール
 東京都豊島区南長崎3丁目16番6号
 (西武池袋線椎名町駅より徒歩11分 / 大江戸線落合南長崎駅より徒歩8分)

<トキワ荘塾> 2:00pm〜トークショー
「伝説の編集者の語る昭和のあの日あの頃
 —鉄腕アトムのソノシートからオバQ音頭の200万枚突破
  そしてサンコミックス、幻のマンガ誌『増刊ヤンコミ』まで—」
   元・朝日ソノラマ(現・朝日新聞出版社)編集者 橋本一郎氏
※※参加無料※※

【橋本一郎プロフィール】
1936年、福島県生まれ。朝日ソノラマ(現・朝日新聞出版)に1961年入社。アニ
メ創世記の「鉄腕アトム」「鉄人28号」「エイトマン」「狼少年ケン」などのア
ニメソングをたてつづけにソノシートにしてミリオンセラーを連発。「オバQ音
頭」は200万枚を突破した。また、サンコミックスのシリーズを立ち上げ、斯界
に新風を吹き込む。その後、少年画報社に移り、“幻のマンガ誌”といわれる『増
刊ヤングコミック』を創刊。独立後は文筆業を営み現在に至る。

<活性化交流会> 4:00pm〜
※参加費1,000 円(賛助会員無料)
 トキワ荘名物・チューダーとつまみ付きです。

●主催
 NPO法人 日本マンガ・アニメトキワ荘フォーラム

●参加申込
 下記をご記入のうえメールにて jimukyoku@tokiwasou.jp までお送り下さい
  1.氏名(必須)
  2.ご所属
  3.連絡先(電子メール)
  4.下記いずれかをご選択下さい(必須)
    ・トキワ荘塾・活性化交流会 に参加
    ・トキワ荘塾 のみ参加
    ・活性化交流会 のみ参加

【事務局】東京都豊島区南長崎3-16-6(トキワ荘跡地)
      日本加除出版株式会社内

【E-mail】jimukyoku@tokiwasou.jp
      ※お問合せは上記メールアドレス宛お願いいたします

  •   
  •   
写真 2
 
 

第19回文化庁メディア芸術祭 内覧会及び贈呈式開催

2016年02月03日

2016年2月2日、国立新美術館にて、第19回文化庁メディア芸術祭の関係者による内覧会、贈呈式が開催されました。今回マンガ部門の審査員に当協会の犬木加奈子氏、松田洋子氏が参加されています。

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルですが、この度、当協会会員の業田良家氏がマンガ部門の優秀賞を、清水勲氏が功労賞を受賞されました。

なお、受賞作品の展示は本日から14日まで、国立新美術館等で行われています。入場無料。

詳しくは
http://festival.j-mediaarts.jp

(写真:事務局)

  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
写真 8
 
 

第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

2016年02月03日

会期:2016年2月3日〜2月14日

会場:国立新美術館 (東京・六本木)2月9日(火)休館
   2階企画展示室2E
   開館時間:10:00〜18:00 金曜は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
   TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
   スーパー・デラックス

入場無料

■受賞者トーク 長谷川 愛, 業田 良家
2月6日(土)14:30-15:30
http://festival.j-mediaarts.jp/event/660

■受賞者トーク 清水勲
2月13日(土) 14:30-15:30
http://festival.j-mediaarts.jp/event/681

詳しくは
http://festival.j-mediaarts.jp









第19回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞「機械仕掛けの愛」 業田 良家 © Goda Yoshiie / SHOGAKUKAN

 
 
1〜10件 / 全2800件

 

© Japan Cartoonists Association