展覧会・イベント情報

2018年06月26日掲載

期 間:2018年6月29日(金)~10月29日(月)

時 間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料:大人 700円、中高生 300円、小学生 100円

休館日:水曜日(7/25・8月中は開館)

会 場:宝塚市立手塚治虫記念館
    〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    TEL:0797-81-2970 FAX:0797-81-3660

続きを読む

 
 

コンペティション情報

2018年06月25日掲載

【作品規定】
 A3版(420ミリ×297ミリ)以下としてください(データ応募は不可)
 用紙・画材は自由です。ただし立体や折り、綴じは禁止です。
 未発表(他の公募に応募中の作品も不可)であり、著作権等の知的財産権を侵害していない作品に限ります。

続きを読む

 
 

コンペティション情報

2018年06月25日掲載

アイヌの伝統や文化に関する幼児向け絵本の原作(絵と文)を広く募集します。
最優秀作品を「幼児向け絵本」として制作し、道内幼稚園・保育所等に無償配布します

【応募作品のテーマ・内容】
 (1)既存の文学作品等(アイヌの伝統や文学作品)を題材にしたもの。幼児向けに表現の改めやアイヌ語原文の和訳をすることはできますが、話の内容・構成の変更は不可。
 (2)創作(オリジナル)作品。ただし幼児向けとしてふさわしいもの。

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年06月25日掲載

第21回文化庁メディア芸術祭では、受賞作品展に付随し様々なイベントが行われ、6月24日の最終日は、マンガ部門受賞者で当協会会員の上野顕太郎氏によるトークが行われました。

モデレーターは、みなもと太郎氏 [マンガ部門審査委員/漫画家/マンガ研究家]、松田洋子 [マンガ部門審査委員/マンガ家](ともに協会員)が勤められ、ギャグ漫画は大変、報われない、と言った話から…!?

受賞作品にとどまらず、上野氏の三十数年にわたる漫画家生活からポイントとなった作品群を次々と紹介、会場からのまさかの資料提供で上野氏のみならずモデレーターの意外な過去作品も披露されたりと、何が起こるか分からない会場に、イベントも大盛り上がり。
時間の経過も忘れるほどで、好評のうちに幕を閉じました。

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年06月25日掲載

期 間:2018年7月14日(土)~9月24日(月・祝)

時 間:9:00~18:00

入場料:一般 300円、団体240円、高校生以下無料

休館日:月曜日(祝日休日の場合は開館)

会 場:横山隆一記念まんが館 企画展示室
    〒780-8529 高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
    TEL:088-883-5029 FAX:088-883-5049

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年06月24日掲載

6月17日(日)から23日(土)の期間、東京・有楽町の東京交通会館B1ゴールドサロンにて、銀座ねこ集会展IIが開催され、当協会会員の開田裕治、桐木憲一、永野のりこ各氏が参加されました。

展覧会情報はこちら
http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=exhibition&id=7242#id7242

(写真:会報部・UNO)

 
 

漫協ニュース

2018年06月21日掲載

6月7日(木)18時より、東京・築地の朝日新聞社・浜離宮朝日ホールにて、第22回手塚治虫文化賞の贈呈式が行われ、当協会のちばてつや会長が特別賞を受賞されました。

なお、受賞者及び作品は以下の通りです。

・マンガ大賞  野田サトル「ゴールデンカムイ」
・新 生 賞  板垣巴留 「BEASTARS」
・短 編 賞  矢部太郎 「大家さんと僕」

続きを読む

 
 

展覧会・イベント情報

2018年06月20日掲載

期 間:2018年7月11日(水)

時 間:14:00~16:50(開場13:30)

入場料:無料 ※事前申込必須

会 場:国立国会図書館 東京本館 新館講堂
    〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
    TEL:03-3581-2331

続きを読む

 
 

事務局より

2018年06月18日掲載

今年度は役員改選年にあたり、第五回通常総会及び臨時理事会(共に6月15日開催)を経て、以下の方々が新役員に決定しました。

 

【会 長】  ちばてつや

【理 事 長】 里中満智子

続きを読む

 
 

漫協ニュース

2018年06月18日掲載

6月16日(土)午後6時より、雑司が谷地域文化創造館第2練習室にて、「トキワ荘フォーラム第10回」が開催されました。今回は高知県のまんが事業を取り上げられていました。

【 PROGRAM 】

◆ 当協会理事・牧野圭一氏による講演  「マンガの魅力と底力」。
高知県による「まんが甲子園」は1992年よりスタートし今年で27回目、当協会も初回から事業協力を行なっています。
審査委員長を長く務める牧野氏が、まんが甲子園の沿革や流れ、高校ペン児たちによる魅力的な作品を紹介されました。

続きを読む

 
 
1 〜 10 件 / 全 3687件

 

© Japan Cartoonists Association